ダイハツとトヨタ、新型コンパクトSUV「ロッキー」/「ライズ」を発売

新車情報

ダイハツとトヨタは11月5日、新型コンパクトSUV「ダイハツ・ロッキー」「トヨタ・ライズ」を発売した。1Lターボエンジンを搭載する5ナンバーサイズのコンパクトSUVで、街乗りからレジャーまで幅広い人気を集めそうだ。

約20年ぶりに車名が復活したダイハツ・ロッキー
トヨタ・ライズ 。フロントはロッキーとかなり異なる印象だ

今回発売されたダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズは、新型タントに続いてダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA(ダイハツ・ニューグローバル・アーキテクチャー)」第2弾として開発されたコンパクトSUV。全長4m以下の扱いやすい5ナンバーサイズとしながら、広い室内空間と大容量ラゲージを備え、SUVに求められる幅広いニーズに対応しているのが特徴。開発・生産はダイハツが行い、トヨタへはOEM供給される。月販目標はダイハツ・ロッキーが2000台、トヨタ・ライズが4100台。ダイハツ・トヨタ系全販売店で販売される。

[車両価格]ロッキー:170万5000円~242万2200円、ライズ:167万9000円~228万2200円(消費税込)

 

・エクステリア/インテリア

エクステリアは、安心を感じさせる厚みのあるロアボディと、薄く軽快なキャビンを支える張り出したフェンダーや17インチの大径タイヤで、SUVらしさを強調したのが大きな特徴。ボディサイズは全長3995㎜×全幅1695㎜×全高1620㎜とコンパクトサイズでありながら、力強い存在感を表現している。フロントマスクはロッキーとライズで異なるデザインを採用しているが、ともにLEDシーケンシャルターンランプを採用し、安全性と先進性が表現されている。

サイドビュー
力強いリヤデザイン

インテリアは、運転席からの視界の良さに配慮したインパネに加え、運転席側に向けて操作パネルを配置するなどコックピット感を演出。またフロントシートには、座面サイドサポート部の角度を高くし、背面部とサイドパッドの硬度に差をつけホールド性を向上させた新形状シートが採用されている。

ドライバー寄りに配置されたコックピット周り

 

・パッケージ

軽自動車を基点としたDNGAを採用することで、コンパクトなボディサイズながらクラストップレベルの広々とした室内空間を実現。前後シート間は900mmを確保し、後席もゆったりと座れるスペースとしている。後席は6:4の分割可倒式。

コンパクトボディだが室内は広い

荷室は最大荷室長755mm、最大容量369Lの大容量を実現。さらに80Lの大容量アンダーラゲージも備えているのに加え、2段可変式デッキボードを採用することで幅広い用途に使いやすくなっている。

ライズの荷室

また16インチタイヤで4.9m、17インチタイヤでも5.0mの最小回転半径を実現。高い小回り性にコンパクトなボディが相まって、優れた取り回し性を実現している。

 

・高い基本性能

基本骨格となるプラットフォームには、DNGA新プラットフォームを採用。タントに採用された軽自動車用のプラットフォームに対し、骨格の通し方や足回り部品の取り付け方の考え方などは共通としながら、コンパクトカーのサイズに拡大している。またボディには軽量かつ強度の高い高張力鋼板を各所に採用することで高いボディ剛性を確保し、乗り心地の良さを実現している。

DNGAプラットフォーム
軽量高剛性のボデーシェルを採用

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット式、リヤはトーションビーム式を採用。取付位置やブッシュ特性、バネ定数、ショックアブソーバー特性などを最適化し、高い操縦安定性と乗り心地の良さを両立したという。

搭載するエンジンは1種類で、直列3気筒の1Lターボ。ダイハツ・トール(トヨタ・ルーミー/タンク、スバル・ジャスティ)にも搭載されている「1KR-VET」型で、最高出力98ps、最大トルク140Nmを発揮し、1.5Lクラス相当の動力性能を確保している。

トランスミッションは、全車D-CVTを搭載。これは新型タントから搭載が始まった新設計のCVTで、スプリットギヤを用いることで幅広い変速比を実現したもの。これにより、燃費性能や静粛性の向上が図られているという。なお燃費性能は、2WD車でWLTCモード18.6km/L(JC08モード23.4km/L)、4WD車では17.4km/L(JC08モード21.2km/L)で、クラストップの低燃費を実現している。

駆動方式はFFと4WDを設定するが、4WDは電子制御式カップリング機構を用いた「ダイナミックトルクコントロール4WD」を採用。走行状態や路面状況を検知し、前後輪に細かなトルク配分を行うことで安定した走行を可能にしている。

 

・充実した先進機能を装備

先進安全機能では、「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」や「スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)」などを含む「次世代スマートアシスト」を搭載。この新機能として、隣接する車線の死角から急接近する車両を検知する「BSM(ブラインドスポットモニター)」、後方を横切る車両を検知して注意喚起する「RCTA(リヤクロストラフィックアラート)」も採用されている。

またナビゲーションは、スマホと連携する9インチディスプレイオーディオ(DA)を全車にオプション設定するほか、ディーラーオプションのナビ・オーディオも装着可能。豊富な選択肢の中から選べるのはうれしいポイントだ。

9インチのディスプレイオーディオをオプション設定

加えてロッキーでは、クルマとスマートフォンを接続して手軽にコネクティッドサービスを提供する「ダイハツコネクト」を初搭載。事故や故障時にスムーズな対応を可能にする「つないでサポート」、ドライバーの状況を家族が確認できる「見えるドライブ」、駐車位置情報等のクルマの状況をスマホで確認できる「見えるマイカー」、車検や点検時期を知らせる「つないでケア」の4つの機能を有している。またダイハツコネクト対応のディスプレイオーディオやカーナビの購入者には、車内で使用可能なWi-Fiサービスも提供。利用開始から3年間、月1GBの通信プランが無料で提供されるほか、より多くの通信量が必要なユーザーには有料プランも用意されている。

 

・KINTO ONEでも提供

トヨタ・ライズは11月12日より、トヨタが提供するサブスクリプションサービス「KINTO ONE」のラインアップにも追加される。使用料は月額3万9820円(消費税込み)。また同日にはノア、ヴォクシー、シエンタ、C-HR、エスクァイアもラインアップに追加される。

 

おすすめ記事

Tagged