メルセデス、「AMG A 35 4MATIC セダン」の予約受付を開始

新車情報

メルセデス・ベンツ日本は、 「メルセデスAMG A 35 4MATIC セダン」を発表し、全国の メルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて注文受付を開始した。 なお、納車は、本年12月以降を予定している。

 

「AMG 35シリーズ」は、Aクラスなどの前輪駆動アーキテクチャーモデルに高出力なエンジン、十分なトラクションを確保する四輪駆動システム、高い剛性とアジリティのためのシャシーの補強やサスペンションのセッティングなど高次元のドライビングパフォーマンスを実現しつつ、快適性も損なうことがないように開発されている。また、従来の「AMG 45シリーズ」より戦略的な価格設定となっており、メルセデスAMGのドライビングパフォーマンスの世界を、より多くのカスタマーに体感してもらうことを目的としている。

 

【ねじれ剛性の強化・走行安定性・アジリシティを向上するシャシーとサスペンションを採用】

フロントセクションのねじれ剛性を強化するためアルミニウムのプレートをエンジンルーム下部に設けているほか、アンダーボディ前部に追加した2本のブレースも、ねじれ剛性を高めている。 フロントにはマクファーソンストラット式サスペンションが採用されている。リアのマルチリンクサスペンションは、サブフレームを介してボディにリジッドマウント されており、各リアホイールには、横方向のアーム3本とトレーリングアーム1本、 それに実績がある先代メルセデスAMG A 45 4MATICのホイールキャリアとベアリングの採用で、走行安定性とアジリティを最大限に高めている。

 

オプション装備となる、「AMG RIDE CONTROLサスペンション」は、サスペンションを 制御する3つのモードをドライバーが選択することが可能で、快適志向からスポーツ性を強調したものまで、それぞれ異なるセッティングとなる。システムは走行状況や路面の状態に応じて各ホイールに対する減衰力を100%自動で調整するが、この調整は連続可変式となっており、減衰特性を広い範囲にわたって変化させ、その結果、 走行快適性とアジリティを等しく高めることが可能になる。

 

【最高出力306PS(225kW)/最大出力400N・mを発生する2.0リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載】

「A 35 4MATIC セダン」には、最高出力306PS(225kW)、最大出力400N・mを発生する、 2.0リッター直列4気筒ターボエンジン「M260」が搭載され、低回転域での力強く、 自然なレスポンスと、中高回転域での伸びやかな加速感を両立させるため、ツインスクロールターボチャージャーや可変バルブリフトシステム「CAMTRONICカムトロニック」を採用している。組み合わされるAMG スピードシフト DCT 7速デュアルクラッチトランスミッションは、全速度域でのきわめて自然な加速性能に加え、素早いシフトとシフトアップ時の最適なギアのつながりが得られるようにセッティングされ、俊敏、かつダイナミックで気持ちの良い加減速を実現している。エグゾーストシステムには、自動制御のフラップを装備しており、選択したドライブモードに応じて、バランスの取れた音色から、ドライバーの感性を刺激するモータースポーツ譲りのエグゾーストサウンドまで切り替えを行うことが可能となっている。

 

ブレーキシステムにおいては、強化ブレーキシステムは耐フェード性に優れるとともに、制動距離も短縮されている。サイズは、実績ある先代「A 45 4MATIC」のものと同一で、フロントには新型モノブロック 対向4ピストンキャリパーと350mmディスク、リアには1ピストンフローティングキャリパーと330mmディスクを搭載している。ディスクはドリルドベンチレーテッドタイプとなっており、熱の発散を高めることで過酷な使用条件のもとでもフェード現象を予防する。なお、 シルバーペイント仕上げブレーキキャリパーにはブラックのAMGロゴが入れられている。

 

【高いトラクションと走行性能を実現する四輪駆動システム 4MATICを採用】

パフォーマンス志向のトルク可変配分四輪駆動AMG 4MATICは、最大限のトラクションと大きな走りの楽しさ同時に実現する。トルクの前後配分は、状況に応じて連続可変制御され、このトルク配分比は、前後100:0から50:50までの範囲で変化する。
リアアクスルの伝達装置に内蔵された多板クラッチが、トルクの前後可変配分を行い、これは電気機械制御式であり、トルク配分比に対する影響要因としては、車速、横方向および前後方向加速度、舵角に加え、各ホイール間の回転速度差、選択されているギア、アクセルポジションなどが挙げられる。

 

電気機械式制御が、電気油圧システムに対して持つ主なメリットとしては、トルク配分 可変範囲全体にわたってディスクのレスポンスが速く、しかも動作が速度に依存しないことなどから、よりシャープなドライビングダイナミクスが得られることが挙げられる。ESP®がONの場合は、4MATICシステムは「コンフォート」モードに固定されているが、ボタンを押して「ESP® SPORT Handling」または「ESP® OFF」を選択すると、すぐに4MATICが「スポーツ」モードに切り替わることによりアジリティが向上する。

 

【5つのドライブモードが選択可能な「AMG DYNAMICS」】

「A 35 4MATIC セダン」には、5つのドライブモードが用意されており、センターコンソールのAMG DYNAMIC SELECTで様々な状況に最適な制御を選択することができる。各ドライブモードでは、エンジン、トランスミッション、サスペンション、エグゾースト、ステアリングの制御が変更可能な他、各モードに自動選択される「ベーシック」、「アドバンスト」の2つの「AMG DYNAMICS」のモードがあり、ESP®の制御を変化させる。

  • コンフォート : 快適かつ低燃費の走りに適したもので、シフトアップが早めに行われるほか、サスペンションとステアリングが快適性重視の設定となり、ECOスタートストップ機能が作動する。AMG DYNAMICSはベーシックが割り当てられ、安定したハンドリング特性となる。
  • スポーツ、スポーツプラス : スポーティなエンジン/トランスミッション設定により、 アジリティとファントゥドライブを強調したモードで、エグゾーストもスポーティなサウンドを響かせるようになるほか、これらのモードではECOスタートストップ機能は作動しない。「スポーツプラス」は、さらに、シフトダウン時のブリッピング機能により、エモーショナルな走りを演出する。AMG DYNAMICSはアドバンストが割り当てられ、ヨー抑制が緩和されるほか、ステアリングを切る角度が小さくて済むようになり、 アジリティが強化されることで、ワインディングロードなどでのダイナミックなドライビングをサポートする。
  • スリッパリー : 滑りやすい路面を安全に走れるよう、パワーを落とし、トルクカーブをフラットに保つもので、具体的には、円滑なギアチャンジ、早めのシフトアップ、ECOスタートストップ機能により、安定性重視の走りをサポートする。AMG DYNAMICSはベーシックが割り当てられ、安定したハンドリング特性となる。
  • インディビジュアル : 個々の項目の設定を任意に選択して組み合わせ、保存できるモード。これに加え、エンジンの設定を「Reduced」と「Moderate」にした場合、 セーリング機能が有効となる。

 

【スポーティさを演出するデザインを採用したエクステリアとインテリア】

エクステリアデザインは、メルセデス・ベンツモデルのAMGラインをベースに、フロントには、メルセデスAMG特有のツインブレードを備えたフロントグリルを採用し、 シンプルなスポーティさを演出している。専用のシルバークロームのフロントスプリッターや左右エアインテーク部にはシルバークロームの水平フィンが2本ずつあしらわれ、その外側にフリックが採用されている。リアには、トランクリッドスポイラーが装着され、専用デザインの大型リアディフューザーとクローム仕上げで円形のデュアルエグゾーストエンドにより、スポーティでダイナミックなデザインが採用されている。

 

インテリアでは、コックピット ディスプレイは「スーパースポーツ」を含む3つのAMG専用の表示スタイルから選択可能となっているほか、オプションの「AMGパフォーマンスパッケージ」を選択することにより、フラットボトム型となるナッパレザー/DINAMICAの「AMGパフォーマンスステアリング」が装着される。グリップ部にDINAMICAを採用し、レッドコントラストステッチとブラックのステアリングマークが施されたスポーティなデザインとなっている。このステアリングホイールには、手を離さずに走行モードを変更することができる「AMGドライブコントロールスイッチ」が装備され、右側のスポークの根元に位置するボタンはAMG DYNAMIC SELECTの走行モードなどを選択することができ、左側は事前の設定により、例えばサスペンション、マニュアルモード、ESP®などの調整を行うことが可能となっている。標準のフロントシートは、ヘッドレストとバックレストが一体化したセミバケットタイプのスポーティなデザインとなっており、さらにAMGパフォーマンスパッケージを選択することでサイドサポートが高く、メルセデスAMGのトップモデルに採用される「AMGパフォーマンスシート」が装備される。

 

さらに、コンパクトでありながら、前後のオーバーハングを切り詰め、ホイールベースを長く取ることで室内長を確保しており、大人4人が快適に過ごすことができる広い室内空間を実現した。トランクスペースは420リットルを確保しつつ、4:2:4分割可倒式を採用しており、様々な使い方に柔軟に対応することが可能となっている。

【サーキット走行時に80件以上の車両データを常時記録可能な“AMGトラックベース”を装備】

「A 35 4MATIC セダン」には、AMG トラックペースも装備されている。サーキット走行時に80件以上の車両データ(車速、加速度など)を常時記録することが可能で、これに加えて、ラップタイムと区間タイムの表示や、それぞれの基準タイムからの差を表示する機能も備えている。サーキットで何周か走り込んだ後は、そのデータをもとに運転スキルを分析し、必要に応じて改善に役立てることができるほか、加減速の値(0~100km/h、1/4マイル、100~0km/hなど)の測定と保存も可能となっている。また、車両の位置を可能なかぎり正確に判断する新開発アルゴリズムの搭載により、サーキットから離れた状況や、コースが短縮された場合も認識できる。これは、GPSデータに加え、各種車載センサー(加速度、ジャイロスコープ、舵角、車輪速)を使用しており、各種データは、ワイドスクリーン ディスプレイ、コックピットディスプレイ、ヘッドアップディスプレイに表示することができる。

 

ほかにも、人工知能による 学習機能で、特定のユーザーに適応する個別対応能力を備えている最新の対話型インフォテインメントシステムMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)、自動車が通信することによりユーザーの利便性を向上する先進的なテレマティクスサービス「Mercedes me connect」などを搭載している。また、安全運転支援システムでは、アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック (自動再発進機能付)、アクティブステアリングアシスト、渋滞時緊急ブレーキ機能、アクティブレーンチェンジングアシスト、アクティブエマージェンシーストップアシスト、アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し検知機能付)、緊急回避補助システム、トラフィックサインアシスト、アクティブブレーンキーピングアシスト、アクティブブラインドスポットアシスト(降車時警告機能付)、PRE-SAFE®プラス(被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システム)、PRE-SAFE®サウンドなどを装備している。

 

<価格(消費税込)>

638万円

おすすめ記事

Tagged