ランドローバー、フルモデルチェンジした新型「ディフェンダー」の先行予約を11月3日より開始

新車情報

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、フランクフルト・モーターショー2019でワールドプレミアをした、新型「DEFENDER」の先行予約を2019年11月3日(日)より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて開始する。今回、先行予約を開始するのは、日本市場向けに最初に生産される150台で、「DEFENDER 90 Launch Edition」15台と「DEFENDER 110 Launch Edition」135台の2種類が用意されている。なお、配車は2020年夏から順次開始予定となっている。

 

 

 

 

新型「DEFENDER」は、ランドローバーのアイコニックなモデルを21世紀仕様に刷新し、高い走破能力と耐久性を有する最新の4×4モデル。短いオーバーハング(フロント/リア)や専用の直立フォルムをはじめ、ルーフ後方に取り付けた「アルパインライト」ウィンドウ、横開きのリア・テールゲート、外付けスペアタイヤなどは、オリジナルの特徴を新たな形で取り入れている。新たに極限環境向けに開発した「D7x」アーキテクチャーを採用した、軽量アルミニウムのモノコック構造は、ランドローバー史上最も頑丈なボディ構造となっており、従来のラダーフレーム構造と比較して約3倍のねじり剛性を確保している。

 

また、パーマネントAWD (全輪駆動)、ツインスピード・オートマチック・ギアボックス、センター・ディファレンシャルなど、あらゆる環境で優れたパフォーマンスを発揮するために必要な機能を装備している。

 

「DEFENDER Launch Edition」では、最高出力221kW/最高出力300PS・最大トルク400Nmを発揮する、2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジンを搭載し、3ドアの「90」はコイル・サスペンション、5ドアの「110」はエア・サスペンションを組み合わせている。シート素材は、ファブリックまたは上質なグレインレザーから選択でき、「110」のレザーシート仕様は3列シートで最大7名の乗車が可能となっている。カラーバリエーションは、オリジナル「DEFENDER」を彷彿とさせるボティカラー(パンゲアグリーン)とルーフカラー(ホワイト)を組み合わせた1台や、ホワイト(フジホワイト)で統一し、より一層「道具感」を際立たせた1台など、多彩な組み合わせの中から選択できる。

 

また、ファブリックシート仕様には、スチール製ホイールを組み合わせ、これもひと目で「DEFENDER」とわかる要素となっており、さらに、ジャガー・ランドローバーの新型インフォテインメント・システム「Pivi Pro」を初採用し、より直観的なインターフェースに進化させているほか、無線通信でソフトウェアのアップデートができる「Software-Over-The-Air(SOTA)」により、場所や時間に依存することなく、常に最新の状態に保つことができる。離れた場所から車の情報を確認・操作できる「リモート」や、エマージェンシーブレーキ、レーンキープアシストを装備し、コネクティビティ機能やドライバー支援システムも充実させている。

 

なお、「DEFENDER Launch Edition」の成約記念品として、「LEGO TechnicLand Rover Defender」が用意されており、レゴブロック2,573ピースを使い、細部にまで忠実に再現されている。

 

 

<価格(消費税込)>

  • DEFENDER 90 Launch Edition:489万円~678万7000円
  • DEFENDER 110 Launch Edition:596万7000円~767万5000円

おすすめ記事

Tagged