メルセデス、「SL」の特別仕様車「SL 400 グランドエディション」を発売

新車情報

メルセデス・ベンツ日本は、 メルセデス・ベンツの最高級ロードスター「SL」の特別仕様車「SL 400 Grand Edition」を、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて10月30日より予約注文の受付を開始した。なお、配車は2020年1月頃より順次開始予定となっている。

 

 

「SL 400 Grand Edition」は、「SL 400」をベースとしており、エクステリアでは、特別仕様車専用デザインのハイグロスブラックペイント19インチAMGツインスポークアルミホイール、マットイリジウムシルバーフロントスポイラー&ハイグロスクロームフィン(Grand Edition専用デザイン)、Grand Edition専用フェンダーバッジを装備している。インテリアには、メルセデスの最高級ロードスター「SL」のトップパフォーマンスモデルである「AMG SL 65」に採用されている、ダイヤモンド ステッチがあしらわれたタンドラブラウンパールとブラックを組み合わせたナッパレザーシートとライトブラウンポプラウッドインテリアトリム、Grand Edition専用フロアマットが採用している。

 

 

また、通常「SL 400」では選択できない機能の、マジックスカイコントロールバリオルーフ、マルチコントロールシートバック、ドライビングダイナミックシート、リラクゼーション機能、盗難防止警報システム(牽引防止機能、室内センサー)、クロージングサポーター(ドア)、Harman/Kardonロジック7サラウンドサウンドシステムを特別装備することで、快適性などが大きく向上している。

 

◆マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ

走行速度約40km/hまで、ボタンを1回操作するだけでルーフの開閉を自動で行うことができる(ルーフの開閉を開始できるのは停車時のみ)。また、ルーフトップの濃淡をボタンひとつで切り替えることが可能で、クリアモードでは、頭上に空が広がり、寒いときなどでもオープンエア感覚を体感できる。ダークモードでは、室内の温度上昇を最大10℃程度防ぎ、快適性を維持する。どちらのモードでも、ルーフ部のガラスが紫外線と赤外線を効果的にカットする。

 

◆マルチコントロールシートバックおよびドライビングダイナミックシート

マルチコントロールシートバックは、シートに内蔵したエアクッションで、バックレストのサイドとショルダーエリアのサポート、ランバーサポートをきめ細かく調整できる機能で、ドライビングダイナミックシートは、コーナリング時にバックレストのサイドが自動で膨らむことで乗員の身体をしっかりホールドする機能。

 

◆FrontBass®とHarman/Kardon®ロジック7サラウンド サウンドシステム

運転席と助手席の足元にウーファースピーカーを内蔵するFrontBass®の採用により 極めて高い音響性能と、ドア内蔵スピーカーが不要となったことにより、収納力が高い ドアポケットを設けているほか、特別装備のHarman/Kardon®ロジック7サラウンド サウンドシステムによって、最高級ロードスターに相応しい極上のサウンドを提供する。

 

<価格(消費税込)>

1,416万円

おすすめ記事

Tagged