トヨタ、カーシェアリングサービス「TOYOTA SHARE」・トヨタレンタカーサービス「チョクノリ!」の全国展開を開始

業界ニュース

トヨタは、トヨタ販売店/トヨタレンタリース店によるカーシェアリングサービス「TOYOTA SHARE」及びトヨタレンタカーの新サービスとして無人貸渡しレンタカーサービス「チョクノリ!」の全国展開を10月28日より開始した。

 

トヨタは、「TOYOTA SHARE」については2019年1月から、「チョクノリ!」については2019年5月から東京地区を中心に実証実験を実施してきた。今回、実証実験を通じてカスタマーから得たメーカーならではの車両品質への期待の声や、アプリに関する意見を踏まえ、全国共通制度を構築するとともにアプリ・デバイスを開発するなどサービス体制を整え、トヨタ販売店・レンタリース店を中心に順次拡大していく予定としている。

【「TOYOTA SHARE」の特長】

  1. 全国共通サービス制度
  • 入会金・月会費無料(立ち上がりは無料キャンペーンを実施。終了期間は改めてTOYOTA SHAREホームページにてお知らせ)で、短時間から利用できる料金設定
  • 安全装備を積極的に搭載し、安全安心で清潔キレイなクルマを提供
  • コンパクトカー・ミニバン・SUVなどトヨタならではの幅広い車種ラインナップを設定。今後、新型車含め更なるラインナップの拡大を予定
  1. アプリ・デバイスの開発
  • 専用アプリの開発に加え、スマホアプリ操作により車両の解錠施錠を可能にするSmart Key Box(SKB)やカーシェア運用に必要な車両情報(位置情報・走行距離)を取得する通信機TransLogⅡといったデバイスを開発
    • スマホがあれば、会員登録からクルマの解錠施錠、返却・精算まで利用可能

さらに、今後、カスタマーの更なる利便の提供に向け「決済手段の多様化や、クルマの使い方に応じたカスタマー毎のポイント付与」や、「法人客向のカーシェア」等、サービスを拡充する。

 

【「チョクノリ!」の特長】

トヨタレンタカーの品質・料金はそのままに、完全無人での貸渡により、貸渡・返却手続き時間を短縮した新サービス。

※トヨタレンタカーサービスとの差は、ワンウェイ不可、給油カード搭載による走行距離精算の実施などとなっている。

TOYOTA SHARE同様、全国共通サービス制度を構築するとともに専用アプリ・新デバイスを利用し、よりスムーズな利用を実現。また、多くのカスタマーに、TOYOTA SHAREのサービスの利便性を体感してもらうため、全国展開記念イベントとして、お台場周辺エリアにて開催される第46回東京モーターショー2019期間中の10月28日から11月4日の8日間、お台場パレットタウン(ヴィーナスフォート/メガウェブ)にて「TOYOTA SHARE無料体験会」を実施する。