トヨタ、2020年夏に東京都内でレベル4自動運転車の同乗試乗を実施

業界ニュース

米国で人工知能や自動運転・ロボティクスなどの研究開発を行うToyota Research Institute, Inc.(以下TRI)は、来年夏(2020年7月から9月)、自動運転実験車、「TRI-P4」を使用し、東京都内で一般の人向けの同乗試乗を実施すると発表した。トヨタは、このP4実験車で、MaaS(mobility as a service)の分野におけるSAE Level 4相当の自動運転デモンストレーションを実施する予定としている。

 

 

P4実験車の同乗試乗は、交通量が多く渋滞も頻繁に起きる東京・お台場地区で実施する。お台場の交通環境は複雑で、歩行者・車両が入り交じる交通状況、様々な道路インフラやガラス張りの背の高いビルなどの厳しい環境の下、自動運転技術の実力を示すことになる。なお、この同乗試乗については、登録をしたうえで参加者を決定する予定になっている。また同実験車には、日本の交通法規のもと、同乗試乗中も万が一の事態に備えるためのセーフティ・ドライバーが運転席に座る予定になっている。

 

TRIは、P4実験車の自動運転技術のテストを米国ミシガン州・オタワレイクのテストコースで実施しており、この場所でP4実験車が自動走行する場所の厳しいインフラの特徴や、運転シナリオを再現した。更なるテストについては、お台場のほか、TRIの研究拠点であるミシガン州アナーバー、カリフォルニア州ロスアルトスの周辺の公道でも実施している。

 

TRI-P4は、2019年にCESで公表した最新のレクサス「LS」をベースとする自動運転実験車で、この車両は、予防安全の考え方を発展させたトヨタ独自の「ガーディアン」と、「ショーファー」と称している一般的な自動運転、双方の研究開発に使用されている。

 

TRIのCEOであり、トヨタのフェローであるギル・プラット氏は、「お台場の複雑な交通環境で自動走行を成功に導くということは、限られた短い時間の中で技術をより早く向上させるという、高い目標を自らに課すことにほかなりません。今回の同乗体験の実施に向け、TRIはトヨタ自動車(株)の先進技術開発部門と、東京に本拠を構え、P4の自動運転ソフトウェアの実用化を担当しているトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)とともに一体となり開発を進めています」と語った。