ホンダ、「第26回ITS世界会議シンガポール2019」に出展

業界ニュース

ホンダは、2019年10月21日(月)から25日(金)までシンガポールで開催される「第26回ITS世界会議シンガポール2019」に出展し、「移動」と「暮らし」の進化に向けた、安全運転支援技術やV2X(車車間/路車間通信)技術を活用した取り組みを紹介する。

 

【「第26回ITS世界会議シンガポール2019」出展概要】

◆Honda SENSING(ホンダ センシング)

 「衝突軽減ブレーキ<CMBS>」「LKAS<車線維持支援システム>」「ACC<アダプティブ・クルーズ・コントロール>」「路外逸脱抑制機能」などの安全運転支援システム

◆SAFE SWARM(セーフ スウォーム)

車車間/路車間通信でデータをやり取りすることにより、見通しの悪い交差点進入時の衝突を回避したり、適切なスピード・タイミングでの合流・車線変更をアシストすることで渋滞発生を防ぐなど、安全でスムーズな交通の流れの実現を目指す技術コンセプト。

◆Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)搭載車両向けデータサービス

 着脱式可搬バッテリーである、モバイルパワーパックのデータを収集し、満充電のモバイルパワーパックに提供できる交換ステーションの位置をスマートフォンの専用アプリに提供するシステム。

◆地デジ搬送波を活用した二輪車盗難抑止システム

二輪車が盗難された場合、盗難車に取り付けられているBluetoothタグのID情報を、地デジの搬送波を使って街中を走る車両に向けて放送。走行中の車両がタグを検知すると、その位置情報をセンターに知らせることで、盗難抑止を図るシステム。株式会社NTTデータが総務省から請け負った「中南米諸国における地デジ等を活用した防犯システムの展開準備に関する調査」に参加し、ブラジルにて実施した。

◆高齢者・子どもの見守りシステム

高齢者や子どもが携帯するBluetoothのタグの位置を、街中を走る車両や街灯に取り付けた通信機器で読み取り、家族に位置情報を知らせるシステム。加古川市が市内にシステムを設置し、運用しています。

おすすめ記事

Tagged