ホンダ 「フリード/フリードプラス」の内外装を刷新し、新グレード「クロスター」を追加

新車情報

ホンダは、コンパクトミニバン「FREED(フリード)」「FREED+(フリードプラス)」の内外装デザインを刷新するとともに、クロスオーバースタイルの新グレード「CROSSTAR(クロスター)」を追加し、10月18日に発売した。

 

【洗練されたデザインを追及したエクステリア、質感を向上させたインテリア】

エクステリアでは、フリードらしい「親しみやすさ」はそのままに、より洗練されたデザインへ進化した。フロントまわりはフード、グリル、バンパーやロアグリルの形状変更により、精悍で落ち着きのあるシンプルなスタイルに変更し、アルミホイールのブラック部分をダークグレーに変更することで、より洗練されたデザインを追求した。インテリアでは、ウォールナット調パネルの採用したほか、シート表皮も刷新した。

 

 

【クロスオーバースタイルの新グレード 「クロスター」を追加】

エクステリアでは、クロスター専用のフロントグリルや前後バンパー、LEDフォグライト、ルーフレール、アルミホイール、専用色のドアアウターハンドルやドアミラーを採用し、アウトドアシーンにも映えるクロスオーバースタイルとなっている。インテリアでは、クロスター専用のプライウッド調パネルを採用したほか、専用コンビシートは汚れの目立ちにくいデジタル柄を採用することで、アウトドアの非日常感を表現している。

 

 

【安全運転支援システム「Honda SENSING」を全タイプに標準装備】

先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプに標準装備とし、新たに後方誤発進抑制機能を追加したほか、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)は、加減速時によりスムーズなフィーリングとなるよう進化した。

 

【ブレーキ操作ステップダウンシフト制御をホンダミニバンで初採用】

下り坂において、シフトレバーを操作することなく、ある一定のブレーキ操作だけで、エンジンブレーキを併用したスムーズな減速が行えるステップダウンシフト制御をホンダのミニバンで初めて採用した。これにより、走行状況に応じたダウンシフト制御を行うとともに、エンジンの回転を適切に保ち、なめらかな走りを可能とした。

 

<価格(消費税込)>

  • フリード:199万7600円~301万8400円
  • フリードプラス:218万2400円~304万400円

おすすめ記事

Tagged