シトロエン、来年発売予定「ベルランゴ」の特別仕様車「デビューエディション」を発売

新車情報

プジョー・シトロエン・ジャポンは、2019年10月18日(金)に、今年創業100周年を迎えたシトロエンより、。新カテゴリーMPV(マルチ・パーパス・ヴィークル)である「BERLINGO(ベルランゴ)」の2020年Q3に予定する正式導に先立ち、特別仕様車「Début Edition」を発表し、10月19日(土)9時よりオンライン予約注文申込の受付を開始する。なお、納車は2020年1月以降順次開始予定となっている。

 

 

【新世代プラットフォームEMP2を採用したエクステリア】

エクステリアでは、前進させたフロントスクリーン、短く高く設定されたフロントエンド、取り回しを向上させる短いフロントオーバーハングなどが特徴となっており、グループPSAの定評ある新世代プラットフォームEMP2を採用することで実現した。現在のシトロエンのデザインコードのひとつである、2段がまえのポジショニングライトとヘッドライト、フォグランプをラウンドしたノーズ部分に配し、Airbump®をドアの下部に配した。全長4,403mm×全幅1,848mm×全高1,844mm×ホイールベース2,785mmの国内でも取り回しがしやすいサイズとなっている。

 

また、リアドアはスライドドアを採用し、広大な開口部とドア開閉時の省スペースで使い勝手を向上している。リアシートは幅の等しい3座独立式で、シートは個別に折畳みが可能となっており、3座にはそれぞれISOFIXフックが装備されている。

 

 

【広大なラゲッジスペースと28ヶ所の収納スペースを用意】

シートのファブリックを貼り込んだリラックス感あるリビングのようなインテリアを採用しており、ワンタッチでフルフラット状態にすることが可能なMagic Flat(マジック・フラット)機能を装備している。長さ=奥行きは、5人乗り状態で1m、2人乗り状態で1.88m、助手席を倒せば最長2.7mの長尺に対応し、容量では、5名乗車時でトノカバー下597ℓ、2列目シートを倒した最大積載状態では2126ℓとなる(容量はVDA欧州参考値)。

 

 

また、「BERLINGO」には、合計28ヶ所の収納スペースを用意しており、dutop®と呼ばれるルーフ部分の収納スペースは、ルーフの大半をガラスとするパノラミックルーフと収納スペースを融合させ、フロントルーフ部分に収納トレイを設け、さらに中央部にはBag in Roof(バッグインルーフ)として最大14ℓまでのバッグが収納可能になっている。Modutop®は、電動サンシェード付きで夏場の室内温度上昇を和らげ、ルーフアーチ中央部には調整可能なムードライトが装備されている。

 

 

さらに、リアシート頭上後方には容量約60ℓのリアシーリングボックスが配置され、後席およびリアゲート側の両方からアクセスが可能になっているほか、インストルメントパネルやドア内側などにも収納スペースを用意している。Topboxと名付けられた助手席側グローブボックスは、ダッシュボード上面をふた付きのストレージとして使えるようにしたため大きな収納スペースとなり、助手席エアバッグをルーフ部分から展開するようにして、11.8ℓのスペースを確保した。

 

巨大なリアゲートは、ガラス部分のみを個別で開閉することが可能となっており、テールゲートを開けずにガラスハッチから簡単にアクセスでき、狭いエリアでもリアスペースを利用できるほか、フレキシブルラゲッジトレイの高さをミドルポジションにすることで、ラゲッジスペースを上下に分割させることを可能とした。ガラスハッチとリアゲートで荷物を完全に分けて使用することが可能となった。

 

 

【シトロエン初の最新世代クリーンディーゼルエンジンを搭載し、走行性能と環境性能を両立】

パワートレインは、シトロエン初搭載となる、グループPSAの最新世代クリーンディーゼルエンジン1.5ℓターボチャージャー付きクリーンディーゼルDV5エンジン(アイドリングストップ付き)に、アイシン・エイ・ダブリュとの共同開発による電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8を組み合わせ、ディーゼルとは思えない軽快な吹け上がりとドライバビリティ、燃費性能の向上、低回転からの高いトルク、最新の排気浄化システム(酸化触媒、SCR選択還元触媒、DPF微粒子フィルター)による極めて高い環境性能を実現している。

 

軽量、高剛性、高いポテンシャルと汎用性で高評価を得ているグループPSAの中核 プラットフォームEMP2をベースに使用し、リアは前モデルの改良バージョンを組み合わせており、シャシーには、Citroën Advanced Comfort®プログラムに基づきセッティングが行われており、あらゆるコンデションでドライバーと同乗者が等しくコンフォートで楽しい移動を享受できるようになっているとしている。なお、「BERLINGO Début Edition」には、グリップコントロールは非搭載となる。

 

【世界各国の安全基準をクリアする先進運支援機能と安全装備を搭載】

  • アクティブクルーズコントロール(ストップ機能付き):前車追随型クルーズコントロールを装備。渋滞時の加減速にも対応しており、30~180km/hで作動し、前車が停止した場合、停止まで対応する。
  • アクティブセーフティブレーキ:前方の車両や障害物を検知し、ドライバーが回避操作を行わない場合に自動的にブレーキを作動させる。車両および歩行者を検知し、作動範囲は5~80km/hとなっている。
  • レーンキープアシスト:車載カメラが車線を検知し、ウィンカー操作がない状態で車線からはみ出しそうになると、自動的にステアリングに反力を生じさせ、元の車線へと戻す。
  • パークアシスト:パークアシストとバックカメラを搭載した。パークアシストは、車庫入れや縦列駐車の際に、駐車可能なスペースを検知し、ステアリング操作を自動で行う。ドライバーはシフトチェンジとアクセルおよびブレーキ操作だけで駐車できるため運転操作の負担が軽減される。バックカメラは、後進の際に車輌後方の状況をタッチスクリーンに自動で写し出し、距離や角度が認識できるガイドラインと俯瞰映像により周囲の状況が手に取るように把握できる機能となっている。
  • ブラインドスポットモニターシステム:走行中、斜め後方のブラインドスポット(死角)に存在する後続車輌を超音波センサーが感知。ドアミラー内にオレンジ色の警告灯を点灯させる。
  • インテリジェントハイビーム:マルチファンクションカメラが常に前方の状況を分析。先行車や対向車の有無、照明の状況などにより、ハイビームとロービームを自動的に切り替え、対向車を幻惑することなく、常に最適な前方視界を確保する。
  • トラフィックサインインフォメーション:制限速度および進入禁止に関する道路標識をマルチファンクションカメラが読み取り、インストルメントパネルに表示。制限速度はドライバーが任意でクルーズコントロールまたはスピードリミッターに連動させることが可能。
  • フロント、バックソナー/トップリアビジョン:バックする際に車輌後方の状況をタッチスクリーンに投影する。また、ステアリング操作による距離や車輌の進行方向の表示、および俯瞰映像により精度の高い表示を提供する。
  • ドライバーアテンションアラート:マルチファンクションカメラにより、車線に対するふらつきを検知し、居眠り防止の警告を発する。

 

<価格(消費税込)>

325万円

 

【「BERLINGO Début Edition」 販売方法】

「BERLINGO Début Edition」は、10月19日(土)9時よりオンライン予約にて販売を開始する(予約は予告なく終了となる場合あり)。サイトで希望色と希望ディーラーを選択し、商談の予約権を取得し、ディーラーにて契約となる。なお、申込金の支払いはない。

※10月18日(金)14:00より特設ウェブサイトオープン、同サイトにて19日(土)9:00より予約受付開始となる。