ランドローバー、公益財団法人日本ラグビーフットボール協会と連携し「全国一斉ラグビー体験会」を2019年11月に開催

業界ニュース

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグビーワールドカップ2019 日本大会のワールドワイド・パートナーであるランドローバーと公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(JRFU)が、2019年11月に未就学児、小学生、中学生を対象とした「全国一斉ラグビー体験会」を実施することを発表した。

 

ランドローバーは、2019年3月よりJRFUとパートナーシップを締結しており、日本各地でさまざまな草の根活動を実施し、ラグビーを知らない子どもたちに体験する機会を提供する「全国一斉ラグビー体験会」をサポートしてきた。このプログラムは2018年より全国規模で始まり、2019年4月、5月に開催した「全国一斉ラグビー体験会」では、8,000人以上の子どもたちが参加している。ランドローバーのアンバサダーを務めるラグビープレイヤーのリーチ・マイケル選手と田村優選手も登場し、未来を担う子どもたちとラグビーを通じて交流した。

 

2019年11月に開催する「全国一斉ラグビー体験会」は、ラグビーの魅力と精神を引き続き日本中に浸透させ、次世代のラグビープレイヤーを育成することを目指しており、さらに、ラグビーが持つ価値を学び、より多くの子どもたちがラグビーの楽しさを経験できるよう、ランドローバーとJRFUは、共同で、オリジナルのラグビーボールを製作し、全国のラグビースクール400校以上に提供することも予定している。

 

ジャガー・ランドローバー・ジャパン代表取締役社長マグナス・ハンソン氏は、「ランドローバーは、これまで20年以上にわたって、世界中のラグビー活動を支援しており、特に草の根レベルのラグビー活動に注力してきました。『全国一斉ラグビー体験会』に加え、ラグビーワールドカップ2019 日本大会のワールドワイド・パートナーとして行っているマスコットキッズプログラムを通じ、日本そして世界中からの子どもたちがこの歴史的な大会を支える一員として活躍してくれています。『全国一斉ラグビー体験会』が11月から再び行われますが、ランドローバーとしては、このプログラムを支援するとともに、日本中のラグビースクールにラグビーボールを配布したいと考えております。大会終了後も、日本の多くの子どもたちがラグビーに触れ、この先も続けてくれることを願っております」と語った。

 

ランドローバーは、ワールドワイド・パートナーとして、ラグビーワールドカップ2019 日本大会を引き続き盛り上げ、大会後もラグビー競技の普及のために尽力していくと述べている。

 

おすすめ記事

Tagged