ジェイテクト、モロッコで初となる生産拠点で開所式を実施

業界ニュース

ジェイテクトは、モロッコで初めてとなる生産拠点にて開所式を実施したことを発表した。この開所式は、「JTEKT AUTOMOTIVE Morocco(JAMO)」と、JAMO敷地内にて稼働する当社グループ会社富士機工のモロッコ生産拠点「Fuji Autotech Morocco(FAMO)」の工場完成披露式典として開催した。

 

ジェイテクトグループは、欧州自動車メーカーの生産拡大が広がるモロッコにおいて、自動車メーカーのニーズを的確につかみ、製品の供給を行うためにJAMOを2017年9月に、FAMOを2018年9月に設立した。JAMOおよびFAMOは、モロッコをはじめとした北アフリカ市場を中心とした新たな供給戦略拠点と位置づけ、これまで日本や欧州、世界各地で培ってきた電動パワーステアリング(EPS)の技術、生産に関する知見を活かし、競争力のある生産拠点としてEPSの供給を進めていくとしている。

 

JAMOでは、アフリカ市場でも年間30万台のEPS生産を目指して、欧州カーメーカーを中心に提案を進めていくとし、ジェイテクトは、グループ会社の富士機工と共に、EPSのNo.1&Only One サプライヤーとして、製品技術を高めると共に、グローバルでの生産対応力の一層の強化を進めていくと述べた。

 

2019年10月9日にJAMO敷地内で行われた開所式は、ジェイテクトグループからは、ジェイテクト常務取締役 松岡 浩史氏、JTEKT EUROPE COO Francis FORTIN氏(フランシス・フォルタン)、富士機工 取締役社長 大村 秀一氏が出席し、モロッコ政府とタンジェメッド特別庁の関係者、在モロッコ日本大使、その他多くの来賓者が出席し、執り行われた。

おすすめ記事

Tagged