コンチネンタルタイヤ、東京モーターショー2019で未来のモビリティの為の技術ソリューションを紹介

業界ニュース

コンチネンタルタイヤは、10月23日~11月4日の期間、東京ビッグサイト等で開催される「第46回東京モーターショー2019」に出展する。コンチネンタルブースでは、「Mobility is the heartbeat of life」のテーマのもとAutomated Driving(自動運転), Electrification(電動化), Connectivity(コネクティビティ)を柱に未来のモビリティの為の技術ソリューションを紹介する。

 

【コンチネンタルタイヤ タイヤ部門の展示内容】

<Conti C.A.R.E. (コンチ・ケア)>

今年のフランクフルトモーターショーで発表された、未来のモビリティのための技術ソリューション「Conti C.A.R.E. (Connected:接続、Autonomous:自律、Reliable:信頼、Electrified:電動化)」。未来の自動車が遭遇するであろう様々な場面をサポートするための、ホイール/タイヤ技術ネットワークを有するタイヤを超えた包括的な技術ソリューション。これにより、様々な走行状況に応じて望ましい性能特性に適合させることができる。

<ContiSense (コンチ・センス)>

タイヤ構造内に組み込まれたセンサーが特徴で、そのセンサーが、トレッドの溝深さや損傷の可能性、タイヤ温度と空気圧に関するデータを生成し、継続的に評価しながらホイールやタイヤ技術のネットワークを緻密に調整、管理をしやすくする。

<EcoContact 6 with adidas Parley shoe(エコ・コンタクト 6 + アディダス・シューズ)>

より環境に配慮したソリューションを求めるエンドユーザーのために開発されたハイパフォーマンス・エコタイヤ。3つの相反する性能であるウェットブレーキ性能、転がり抵抗および耐摩耗性能を非常に高いレベルで向上し、現在日本での取扱いサイズ35サイズ中、15サイズが欧州タイヤラベリング制度の「ウェットブレーキ性能、転がり抵抗」で最高グレードの「A/A」を獲得している。

◆Adidasとのコラボレーション

タイヤは、クルマの部品の中で唯一路面に接地している部品で、車両の重量を支え、駆動力・制動力を伝え、路面からの衝撃を和らげ、方向を転換・維持するという役割を担っている。シューズのソールにも共通点が多く、アディダスはタイヤの技術をシューズのソールに応用できないかと、10年以上前に、コンチネンタルタイヤ部門の専門家に相談をして以来、コンチネンタルとアディダスの技術提携は拡大を続け、現在では200近いランニングシューズ、トレッキングシューズ、アウトドアシューズのモデルにコンチネンタルのタイヤ開発で培われたテクノロジーを搭載したラバーソールが採用されている。

<VikingContact 7 (バイキング・コンタクト 7)>

「VikingContact 7」は、優れたウィンター性能とドライ路面でのハンドリング性能に加えて、シリーズでは初となる「左右対称パターン」を採用することでウェットおよびシャーベット路面での排水性を大幅に高め、冬の様々な路面状況下で更に安全で快適なドライビングを可能にしたコンチネンタルのプレミアム・スタッドレスタイヤ。