「アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ」のF1参戦を記念した限定車「F1 トリビュート」を発売

新車情報

FCAジャパンは、Alfa Romeo(アルファロメオ)のプレミアムスポーツサルーン「Giulia Quadrifoglio(ジュリア・クアドリフォリオ)」、ならびにプレミアムSUVの「Stelvio Quadrifoglio(ステルヴィオ・クアドリフォリオ)」に、Formula One(F1)への参戦を記念し、様々な性能向上プログラムを施した限定車「F1 Tributo(エフワン・トリビュート)」を設定し、2019年11月より、全国のアルファロメオ正規ディーラーにて、ジュリア6台、ステルヴィオ4台限定で販売する。

 

今回発売される限定車は、ザウバーエンジニアリングとの共同開発によるエアロパーツをはじめ、高出力化チューニングや特別装備の採用により、さらなるスポーツ性能の向上を実現している。

 

専用エンジンチューニングおよびAkrapovic(アクラポヴィッチ)社製のエキゾーストシステムにより、エンジンの最高出力が510psから520psへと引き上げられると共に、官能的なエキゾーストサウンドを実現しているほか、サーキット走行など高負荷時における耐フェード性と軽量化を両立するカーボンセラミックブレーキシステムを搭載し、ブレーキ性能が強化されている。

 

また、「F1 Tributo」のために専用設計されたエアロパーツは、フロントエアロスプリッター、大型サイドスカート、大型リアスポイラーで構成され、高速走行時に優れた整流効果を発揮するほか、カーボンV字型グリルやグロスブラックフロントグリル/ディフューザー、カーボンエクステリアミラーハウジングといった専用アイテムにより、標準モデルとの差別化が図られている。なお、エクステリアラッピングも特別装備に含まれる。

 

さらに、インテリアでは、カーボンインサート付のレザー/アルカンターラステアリングをはじめ、スバルコ社製のカーボンバケットシート、レッドシートベルトなどが採用され、スポーティな雰囲気が高められており、カーボンバケットシートは、軽量化にも寄与し、ブレーキシステム、エキゾーストシステムと併せ、車両全体で27kg以上の軽量化を実現している。

 

価格(消費税込):「ジュリア F1 トリビュート」/1,459万円、「ステルヴィオ F1 トリビュート」/1,495万円

 

なお、限定車の詳細は下記のサイトを参照のこと

https://www.alfaromeo-jp.com/models/quadrifoglio/limited/f1-tributo

 

おすすめ記事

Tagged