スバル、「XV」の改良モデルを発表

新車情報

スバルは、11月15日に発売する予定の「XV」の改良モデルを、2019年10月10日に発表した。なお、1.6Lエンジン搭載グレードは2020年初頭発売予定となっている。

今回の改良では、「2.0e-L EyeSight」「2.0e-S EyeSight」を追加し、新感覚の走りの愉しさを実現する「e-BOXER」搭載グレードの選択肢を拡大した。また、アイサイト・ツーリングアシストを全車標準装備とし、安全性能を向上したほか、X-MODEに雪道や砂利道など滑りやすい道を走行する時に使用する「SNOW・DIRT」、深雪やぬかるみといったタイヤが埋まってしまうような道を走行する時に使用する「DEEP SNOW・MUD」の2つのモードを選択可能として、悪路走破性を向上した。さらに、「アクセスキー対応運転席シートポジションメモリー機能」をはじめとして、ドアミラーメモリー&オート格納機能、リバース連動ドアミラー、集中ドアロック(オートドアロック・アンロック機能付)など、日々の使用シーンで役立つ機能を拡充し、利便性を向上させた。

 

エクステリアでは、新デザインのLEDハイ&ロービームランプとリヤフォグランプを装備したほか、インテリアにおいても、新デザインのマルチファンクションディスプレイ、マルチインフォメーションディスプレイ付メーターを採用している。

 

 

価格(消費税込):220万円~292万6000円

おすすめ記事

Tagged