ルノー、新型「メガーヌ ルノー・スポール トロフィー」を10 月31 日に発売

新車情報

ルノー・ジャポンは、新型「メガーヌ ルノー・スポール トロフィー」を、10月31日(木)から、全国のルノー正規販売店で販売する。

 

 

【「メガーヌ ルノー・スポール」史上最もパワフルなエンジンを搭載】

新型「メガーヌ ルノー・スポール トロフィー」は、最高出力300ps、最大トルク420N・m(EDC)/400N・m(MT)に高められた、「メガーヌ ルノー・スポール」史上最もパワフルな1.8L直噴ターボエンジンを搭載。また、ターボチャージャーには、アクセルに対する応答性の向上のために、F1でも使用されている セラミックボールベアリングシステムが取り入れられ、200,000rpm/分近くで回転する タービンがスチールよりも軽く、硬く、滑らかなセラミックのボールベアリングシステムに取り付けられることで、摩擦が従来のスチールのボールベアリングシステム比3分の1に低減し、ターボの応答性を向上させた。

 

セラミックボールベアリングシステム

 

さらに、任意のエンジンサウンドを選択できるアクティブ バルブ付スポーツエキゾーストが採用され、マフラー内に設けられた2つの排気ルートのひとつに機械式バルブが取り付けられ、バルブが閉じられると、低周波数を除去し、中周波数を 最適化した、スポーティでありながら騒音レベルを抑えた、日常の使用に適したサウンドとなる一方、バルブが開くと、排気は流動抵抗が小さい、より直接的な経路を通り、エンジン性能をフルに引き出すとともに、スポーツモデルにふさわしいエンジンサウンドとなる。

 

スポーツエキゾースト

 

【スポーツドライビングに特化したシャシーや技術を採用】

シャシーには、コーナリングスピードの向上を目的に、「メガーヌ ルノー・スポール」のダンパー、スプリング、アンチロールバーのレートを高めてロールを抑えた「シャシーカップ」が採用されているのに加え、走行安定性と高い操舵性を両立するトルセン®LSD、冷却性能の向上と軽量化を実現した前輪アルミ製ハブ/鋳鉄製スリット入りベンチレーテッドディスク、スポーツエキゾーストを装備し、クローズドコースでのスポーツドライビング性能を高めた。

 

また、「メガーヌ ルノー・スポール」にも装備されている、ワインディングでは際立つ俊敏さを、高速コーナーでは高い安定性を生み出す“4 コントロール”、そして、ダンパー底部に組み込んだセカンダリーダンパーによって最適な減衰力が得られる機構で、さまざまな路面状況において常に最適なグリップと快適な乗り心地を両立する“4 輪ハイドロリック・コンプレッション・コントロール(HCC)”が組み合わされている。

 

【スポーツドライビング性能を向上する専用装備を採用】

滑りにくく、 スポーツ走行時にもドライバーと車の一体感を損なわない、アルカンタラ表皮のヘッドレスト一体型RECARO製フロントバケットシートを採用しており、1脚の重量が23.5kgと、軽量化にも貢献している。また、ワンメークレース用に開発されたレーシングカー「R.S. 01」のホイールデザインをそのまま踏襲した、レーシングスピリットあふれるデザインの19インチアロイホイール「TROPHY」を装備。ほかにも、グリップ感に優れ、滑りにくく正確なステアリングワークをサポートする“ナパレザー/アルカンタラステアリングホイール”や、小型バッテリーとスーパーキャパシタ(蓄電器)を組み合わせてカプセル化した、L1 サイズのバッテリーと同程度のサイズながら、冷間時のクランキング力に優れ、重量もわずか8.4kgと軽量化にも貢献する“DESS(Dual Energy Storage System/デュアル エナジー ストレージ システム)”を搭載している。

 

 

価格(消費税込):489万円~499万円

おすすめ記事

Tagged