トヨタ、新型車「グランエース」を東京モーターショー2019で初披露

新車情報

トヨタは、新型車「グランエース」を、全国のトヨタ車両販売店を通じて年内に発売する。発売に先立ち、2019年10月24日(木)から11月4日(月・休)までの12日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)を中心に開催される第46回東京モーターショー2019・ トヨタ車体ブースにおいて初披露することを発表した。

 

新型車「グランエース」は、上質かつ快適な移動空間として、全長5.3m、全幅1.97mのワイドなサイズを活かした圧倒的な存在感を有するフルサイズワゴン。セミボンネットのパッケージを採用し、3列シート6人乗りと、4列シート8人乗りの2タイプを設定している。上質な乗り心地や優れた操縦安定性を備えた高い基本性能と、ゆとりの室内空間を特徴としている。

 

 

【力強い走りを実現するパワートレインと高い操縦安定性を実現したリヤサスペンションを採用】

駆動方式はFRで、エンジンは1GD 2.8Lクリーンディーゼルエンジンを搭載。6速ATを組み合わせて、滑らかさに加え低回転から力強い走行を実現している。また、リヤの足回りには新開発のトレーリングリンク車軸式リヤサスペンションを搭載し、環状骨格構造の採用など、ボディ剛性の高さと相まって、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現した。さらに、徹底した振動、遮音対策などによって、様々な道路環境においても心地よい静粛性を追求している。

 

【高級感と華やかさを演出したエクステリアとインテリア】

エクステリアでは、金属調加飾の大型ラジエーターグリルをヘッドランプと融合させ、上下、左右方向に張り出させたフロントフェイスと、グリルと連続しヘッドランプに突き刺さる特徴的なLEDデイタイムランニングランプ(クルマのフロント部に配置して昼間に点灯させるライト)、クロム加飾フレームで一括りにしたプロジェクター式2眼LEDヘッドランプなどを採用している。インテリアにおいては、ブラックを基調としたインストルメントパネルに、空調吹き出し部に金属調加飾、助手席正面に木目調加飾を配して華やかさを演出したほか、メーターフードには、表皮巻きと本ステッチを施し上質さを表現している。

 

 

【フルサイズワゴンの広さを活かした快適性や利便性を向上する装備を採用】

全長5.3m、全幅1.97mのワイドなサイズに、3列シート6人乗りと、4列シート8人乗りの2タイプを設定したほか、セカンドシートならびにサードシートの4席には、ゆったりとくつろげる専用の本革キャプテンシートを採用し、上質な移動空間を提供する。また、座り心地の良さに加え、ロングスライド機構やオットマン機構などを装備し、快適性や利便性を向上した。さらに、後席の搭乗者を包み込むように、フロントシート背面からサイドトリムに向かって配した木目調加飾や、加飾に沿って優しく灯されるLEDサイドカラーイルミネーションによって、華やかさと落ち着きのある上質感を表現している。

 

 

【充実した安全装備と先進のディスプレイオーディオを搭載】

歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ採用の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を装備しているほか、駐車場など低速走行時における衝突緩和、被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]などを採用している。また、先進のディスプレイオーディオ(DA)を装備し、SDLなどのスマートフォン連携機能によって、スマートフォンで普段利用している地図アプリや音楽アプリなどをディスプレイ上で表示・操作が可能となっている。

おすすめ記事

Tagged