三菱、東京モーターショーで電動SUV「マイテック コンセプト」と「スーパーハイト軽ワゴン コンセプト」を世界初披露

業界ニュース

三菱自動車は 、第46 回東京モーターショー2019(会期:201 9年10 月24日~11月4日、会場:東京ビッグサイト – お台場周辺エリア)において、スモールサイズの電動 SUV コンセプトカー「MI-TECH CONCEPT(マイテックコンセプト)」及び、新型軽コンセプトカー「Super Height K-Wagon Concept(スーパーハイト軽ワゴンコンセプト)」を世界初披露する。

 

 

また、本年3 月のジュネーブ国際モーターショーで世界初披露したミッドサイズの電動SUV コンセプトカー「MITSUBISHI ENGELBERG TOURER(ミツビシエンゲルベルクツアラー)」を日本初披露するほか、プラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」、クロスオーバーSUV 「エクリプス クロス」、ミニバン「デリカD:5」、軽ハイトワゴン「eK クロス」など、国内で販売する主力モデルも出品する。

 

 

【「MI- TECH CONCEPT(マイテックコンセプト)」概要】

「MI-TECH CONCEPT」は、「光と風を感じながら大地を駆け抜ける電動SUV 」をコンセプトとし、軽量 ・小型化した新しいプラグインハイブリッドEV(PHEV)システム、4 モーター方式の電動4WDシステム、先進の運転支援技術と予防安全技術をスモールサイズのSUV に凝縮した、三菱ブランドメッセージである “Drive your Ambition” を体現するコンセプトカーである。

<PHEVシステム>

スモールサイズSUV に搭載するにあたり、発電用エンジンを従来のガソリンエンジンからガスタービンエンジンとして軽量・小型化を実現。EV 走行モード及びシリーズ走行モードによって、電動車ならではの滑らかで力強い走りを実現する新しいPHEVシステムとしている。

<電動4WDシステム『Quad motor(クアッドモーター) 4WDシステム>

4WDシステムには、モーター2基で構成する三菱自動車の独自技術「デュアルモーターAYC」を前輪と後輪それぞれに搭載した4 モーター方式の電動4WD システムを搭載。四輪すべてに最適な駆動力を伝えることを可能とした。日常では安心・安全な思い通りの操縦性を実現、オフロードでは圧倒的な走破性を発揮する。

 

<先進の運転支援技術及び予防安全技術>

運転支援・安全技術では、先進の光センサーを用いたセンシング技術により検知した様々な情報を、フロントのAR ウィンドウシールドに映し出すヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI )を搭載。ドライバーに的確な注意喚起を行うとともに、ステアリング及びブレーキ操作をサポートする運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」、衝突被害を回避または軽減する予防安全技術により高い安全性を確保している。

 

また、ブース内ではコンセプトカーを様々な角度や距離から見ることができるVR(ヴァーチャル・リアリティ)展示を実施する。テーブル上にコンセプトカーを説明する映像が映し出され、回転、拡大、縮小、シーンの切り替えなどVR ならではの様々な演出を俯瞰視点で体験することができる。さらえに、俯瞰視点から周囲を見渡すだけでなく、回りこんだり、覗き込んだり、下から見上げたりと自由に移動や、アングルを変更することもでき、「MI-TECH CONCEPT」の世界観を体感できる。

 

【「Super Height K-Wagon Concept(スーパーハイト軽ワゴンコンセプト)」 概要】

「Super Height K-Wagon Concept」は、「いろいろなところに行ってみたい、もっと遠くまで行ってみたい」というドライバーの気持ちに応える新世代のスーパーハイト軽ワゴン。広々とした居住空間を実現し、同カテゴリーに求められる性能と機能を盛り込みながら、三菱自動車らしいSUV テイストのデザインを実現させた。居住空間を最大化させながら、高い走行性能を実現している。また、高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT」や、衝突被害軽減ブレーキシステム、踏み間違い衝突防止アシストなど「サポカーSワイド」に該当する予防安全技術を採用している。

 

【「MITSUBISHI ENGELBERG TOURER(ミツビシエンゲルベルクツアラー)」概要】

「MITSUBISHI ENGELBERG TOURER」は、ツインモーター4WD方式のプラグインハイブリッドEV(PHEV)システムを搭載した、ミッドサイズの新世代クロスオーバーSUV のコンセプトカー。どんな気象条件や路面状況でもドライバーが自信をもってドライブできる高い走行性能と、PHEVならではの長い航続距離を特長としているほか、PHEVシステムを構成する様々なコンポーネントを搭載しながら、3 列シートによる多人数乗車を可能とする優れたパッケージングを採用している。

 

【「電動DRIVE HOUSE」概要 】

電動車、V2H充放電機器、太陽光パネル、家庭用蓄電池などで構成するV2H(Vehicle to Home)システムをパッケージ化し、販売・設置からアフターメンテナンスまでをワンストップ化したサービスである「電動DRIVE HOUSE」を10月3日より一部地域で販売開始した。三菱自動車ブースでは、プラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」とともに展示し、太陽光発電による電動車への充電や、電動車から家庭への電力供給という流れをビジュアル化し、電気代の節約や緊急時の非常用電源としての利便性など、カスタマーに様々なメリットを提案する。

おすすめ記事

Tagged