ベンツ、「Sクラス」に特別仕様車「グランド エディション」を追加

新車情報

メルセデス・ベンツ日本は、「Sクラス」に特別仕様車「Grand Edition」を追加し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて10月2日より発売した。

 

【「S 400 d」「S 400 d 4MATIC」「S 450 Exclusive」にスポーティーさを強調した 「Sports Limited」を追加】

今回ノーマルボディのラインアップに追加する「S 400 d Sports Limited」、「S 400 d 4MATIC Sports Limited」、「S 450 Exclusive Sports Limited」は、人気の装備であるAMGライン、パノラミックスライディングルーフ、エアバランスパッケージ(空気清浄機能、パフュームアトマイザー付)が含まれるベーシックパッケージを標準設定とした。また、ホイールには、20インチAMGマルチスポークホイールを採用した。インテリアには、AMGスポーツステア リングやブラックポプラウッドインテイリアトリムを標準で装備し、スポーティーな内装とした。

 

【「S 560 long」「S 560 4MATIC long」に、スポーティーさを強調した「Sports Limited」とショーファードリブンとしての機能性とデザインを充実させた「Chauffeured Limited」を追加】

「S 560 long」と「S 560 4MATIC long」に、それぞれ、ドライバーズカーとして運転する楽しさを追求する要素を強めた「Sports Limited」と、ショーファーカーとして、後席での快適性を強化し、ラグジュアリーなエクステリアを採用した、「Chauffeured Limited」を設定した。「Sports Limited」では、AMGライン プラスを標準装備とし、ホイールには20インチAMGマルチスポークホイールを採用した。インテリアでは、AMGスポーツステアリングやブラックポプラ ウッドインテイリアトリムを標準装備とし、スポーティーな内装とした。

 

また、「Chauffeured Limited」では、後席に特化したショーファーパッケージを標準化して後席の利便性・快適性を向上した。リクライニング機能や独自のリラクゼーションプログラムを備えたエグゼクティブリアシートが、快適性を飛躍的に高めているほか、後席にも新たに ワイヤレスチャージングも備わり、移動をより快適にする。ホイールにはエレガントな 19インチのディッシュホイールを採用している。

 

なお、Sクラスには、新車購入から3年間、一般保証修理/定期メンテナンス (点検整備の作業工賃・交換部品)/24時間ツーリングサポート/地図データ更新が無償で提供される走行距離無制限の保証プログラム「メルセデス・ケア」が適用されるほか、新車登録日から6年間または総走行距離10万km到達時のいずれかまでバッテリーを無償で交換または修理する特別保証が用意されている。また、メルセデス・ケア期間中には、希望のモデルを3回無料で利用できる週末貸出サービス「シェアカー・プラス」も利用可能となっている。メルセデス・ケア終了後、有償の保証延長プログラムとして、一般保証および24時間 ツーリングサポートを2年間延長する「保証プラス」と、4、5年目のメンテナンスサービスにおいて、初回車検時および4年目の点検や定期交換部品、消耗品の交換をパッケージで提供する「メンテナンス プラス」も用意されている。

 

<価格(消費税込)>
  • 「S 400 d Sports Limited」/1,215万円
  • 「S 400 d 4MATIC Sports Limited」/1,260万円
  • 「S 450 Exclusive Sports Limited」/1,395万円
  • 「S 560 long Chauffeured Limited」/1,730万円
  • 「S 560 long Sports Limited」/1,730万円
  • 「S 560 4MATIC long Chauffeured Limited」/1,766万円
  • 「S 560 4MATIC long Sports Limited」/1,766万円