プジョー、来年発売予定の「208」・EV「e‐208」を日本初公開

新車情報 イベント

プジョー・シトロエン・ジャポンは、2019年10月19日(土)から26日(土)の8日間にわたり、独自のプジョーブランド体感イベント「PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE- 」を六本木ヒルズ(東京・港区)の大屋根プラザおよびヒルズカフェ/スペースにて開催することを発表した。イベントでは、2020年Q3導入予定の新型「208」と、電気自動車の新型「e-208」を参考展示する。また、日本初導入となる新コンセプトMPVの「RIFTER」も展示する予定となっている。

 

「PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE- (プジョーショー2019 -アンボーリング・ザ・フューチャー」は、日本国内で好調な販売を記録しているプジョーブランドのさらなる浸透を狙いとした独自イベントで、テクノロジーに支配されるのではなく、感動に溢れたクルマ創りを続けていくプジョーブランドの想いを込めた“UNBORING THE FUTURE”の新しいブランドビジョンとともに、カスタマーに電動化を含めたプジョーの現在と未来を体験できる場となると説明している。

 

今回のイベントでは、新ブランドメッセージの“UNBORING THE FUTURE”を具現化する新コンパクトカー、新型「208」および新型「e-208」(BEV=電気自動車)の先行展示、18日(金)のプレス発表会にて発表・発売となる日本初導入の新コンセプトMPV(マルチパーパスヴィークル)「RIFTER(リフター)」のお披露目、好調なセールスを記録しているSUVの「5008」、フラッグシップサルーン「508」などの現行車種の展示をするほか、開催期間中は「308 SW」、「508」、「3008」の各モデルの会場周辺での試乗も可能となっている。

 

新型「208」は、プジョーの新デザイン言語と新コンパクトプラットフォームCMPを採用し、最新のADAS(先進運転支援機能)と環境性能、走行性能を装備しており、ンテリアには、新世代UI/UXとなる3D i-Cockpitを採用している。なお、国内発売は2020年Q3を予定している。

 

 

新型「e‐208」は、新型「208」の内燃機関(ガソリン/ディーゼル)版と同時に世界初公開となったフルEV(電気自動車)コンパクトカーである。モーターの最大出力136HP、最大トルク340Nm、バッテリー容量50kWhで、一回の充電で最340km(WLTP)、450km(NEDC)の走行が可能となっている。なお、国内発売は2020年Q3を予定している。

 

 

「RIFTER」は、2018年の欧州デビュー以来、日本のカスタマーから多くのリクエストがある新コンセプトMPVで、独特のSUVのようなスタイルと走行性能、利便性溢れるスペース、高い実用性からアウトドアアクティビティやビジネスにおける活躍が期待されている。また、「308」、「3008」、「5008」で定評あるプラットフォームEMP2を導入したことで、最新の安全装備と快適装備が採用されている。来年夏の日本本格導入に先駆けたデビューエディションを18日に発表する。

 

 

【「PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE-」概要】

  • 開催期間10月19日(土)~26日(土)11:00~20:00 [体験試乗は11:00~18:00/プレス発表会は18日(金)14時~15時(予定)]
  • 会場:六本木ヒルズ 大屋根プラザおよびヒルズカフェ/スペース(東京都港区六本木6-10-1 )
  • 主催:プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社
  • URL:http://web.peugeot.co.jp/peugeot-show2019/