アウディ、「富士スーパーGT×DTM特別交流戦」のドライバーを発表

業界ニュース

アウディは、11月23日(土)~24日(日)に富士スピードウェイで開催される、「富士スーパーGT×DTM特別交流戦」に参戦するアウディ ドライバーを発表した。この「ドリームレース」には、DTMチャンピオンのレネ ラスト選手、マイク ロッケンフェラー選手に加え、日本のレースを知り尽くしたロイック デュバル選手、ブノワ トレルイエ選手の4人のドライバーが参戦する。

 

ラスト選手は、Audi Sport Team Rosberg(アウディ スポーツ チーム ロズベルグ)から、ロッケンフェラー選手は、以前に所属していたAudi Sport Team Abt Sportsline(アウディ スポーツ チーム アプト スポーツライン)から、デュバル選手は、Audi Sport Team Phoenix(アウディ スポーツ チーム フェニックス)から、トレルイエ選手は、アウディ ジャパンとHitotsuyama Racingのサポートを受るカスタマーチームWRT Team Audi Sport(WRT チーム アウディ スポーツ)から、それぞれ参戦する。

 

アウディ モータースポーツ代表のディーター ガス氏は、「できることなら、すべてのドライバーを日本に連れて行きたいと思っていました。しかし、同じ日にフォーミュラEシーズンの開幕戦が開催されるため、それはかないませんでした。富士のレースには、DTMに参戦している3つのAudi Sportチームに加え、カスタマーチームのWRTも参戦することを嬉しく思います」とコメントした。