トヨタ、カムリを一部改良、ディスプレイオーディオを標準装備

新車情報

トヨタは、カムリを一部改良し、10月1日に発売した。また12月16日には全グレードにE-Four(電気式4WDシステム)搭載車を設定し、発売する。

WS(E-Four) エモーショナルレッドⅡ

今回の一部改良では、ディスプレイオーディオ(DA)およびDCM(車載通信機)を標準装備した。これによりスマートフォンと機能を連携するとともに、コネクティッドサービスの利用が可能になった。

ディスプレイオーディオ
センタークラスターパネル一体型8インチディスプレイオーディオ

ディスプレイオーディオでは、SDL(スマートデバイスリンク)に対応するナビアプリや、音楽・ラジオアプリなどを画面上に表示し操作することができる。

ナビゲーションは音声認識で目的地設定やLINEのメッセージ送受信、音楽再生などができるカーナビアプリ「LINEカーナビ」が利用できるほか、Apple CarPlay、Android Autoについても利用できる(TVとセットオプション、契約時にT-Connect契約が必要)。

なお、従来のナビゲーション操作など使い慣れた機能を利用したいユーザー向けに、エントリーナビキットおよびT-Connectナビキットも用意されている。

そのほか安全装備では、車線変更時の後方確認をアシストする「ブラインドスポットモニター」や、駐車場での車両後退時に左右後方から接近する車両を検知し、衝突の可能性がある場合、ブレーキを制御する「リヤクロストラフィックオートブレーキ(パーキングサポートブレーキ[後方接近車両])」をWS“レザーパッケージ”、G“レザーパッケージ”に標準装備した。

価格は345万6000円~464万8000円(消費税10%込)

おすすめ記事

Tagged