西日本地域限定モデル、新型「BMW 745e M スポーツ マイスターヴェルク」を発売

新車情報

ビー・エム・ダブリューは、2019年6月に発表した新型「745e M Sport」をベースとした特別限定モデル「Meisterwerk(マイスターヴェルク)」を、西日本地域(近畿、中国、四国、九州、沖縄地方)限定で導入する。9月30日よりBMW正規ディーラーにて購入希望予約の受付を開始し、希望者多数の場合は抽選を実施する。今回発売される限定車は、3色のボディ・カラーをラインアップし、ブラック・サファイア限定25台、ルビー・レッド限定3台、スピード・イエロー限定1台の販売となる。

 

ブラック・サファイアは、ボディ・カラーのブラック・サファイアに加えて、BMW Individualハイグロス・シャドー・ライン・プラスを採用することで、キドニー・グリルやリヤ・ガーニッシュ、エクゾースト・テール・パイプを全てブラックで統一している。さらに、専用のジェット・ブラック塗装を施した20インチのアロイ・ホイールを装備することで、モデル全体を漆黒でまとめているほか、内装にも、BMW Individualピアノ・フィニッシュ・ブラック・インテリア・トリムを採用している。

 

 

ルビー・レッドでは、この限定車だけのBMW Individualスペシャル・ペイントとして、宝石のような透明感と華やかさのある輝きを放つBMW Individualルビー・レッドを採用し、クローム加飾が施されたウィンドウ・フレーム・モールディングやサイド・トリム・フィニッシャー等を装備することで、気品あるラグジュアリーなデザインとなっている。内装にはブラウン系のナッパ・レザー・シートに合わせグレー・ポプラ・ウッド・インテリア・トリムを採用している。

 

スピード・イエローも、この限定車だけのBMW Individual スペシャル・ペイントとして、BMW Individual スピード・イエローを採用している。BMW Individual ハイグロス・シャドー・ライン・プラスと、専用のジェット・ブラック塗装を施した20 インチのアロイ・ホイールを装備することで、マットで鮮やかなイエローのボディ・カラーと、艶やかなブラックのキドニー・グリルやホイールとのコントラスが目を引く、個性的な1 台となっている。

 

 

また、「Meisterwerk」には、BMW が国内認可取得モデルとして初めて採用した「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を標準装備している。この機能は、高速道路上での渋滞時に、ドライバーがステアリング操作から解放されることで、ドライバーの運転負荷を軽減し安全性を高めるシステムでり、3 眼カメラと毎秒2 兆5,000 億回の演算能力を持つ画像処理プロセッサーにより実現している。3 眼カメラと画像処理プロセッサーは、ハンズ・オフ機能のみならず、正確なレーン・キーピングと、より離れた場所や広い視野での素早い危険予測を可能とし、自動ブレーキ等、様々な最先端の運転支援システムを実現している。ドライバーが絶えず前方に注意するとともに、周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態にある限りにおいて、ステアリングから手を離して走行が可能となる。

 

ほかにも、今回追加された新型モデルには、高性能3 眼カメラ、高性能プロセッサーおよびレーダーによって、より精度と正確性が向上した、最先端の運転支援システムである、アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)およびレーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイド・コリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロス・トラフィック・ウォーニングを標準装備している。

 

さらに、標準装備となるパーキング・アシスタントには、リバース・アシスト機能が採用されている。これにより、車両が直前に前進したルート最大50m までを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能となる。この機能を活用することで、例えば、日本に多数点在する細い道での対向車とのすれ違いに困った際など、安全かつ正確に、元のルートに復帰することが可能となる。

 

上記以外にも、、AI 技術を活用することで、音声で車両の操作、情報へのアクセスが可能となるBMW 最新の機能である“BMW Intelligent Personal Assistant(BMW インテリジェント・パーソナル・アシスタント)”や、車載通信モジュールにより、ドライバー、クルマ、そして取り巻く情報をIT ネットワークで繋ぐことで、「もしもの時に備える万全の安全性」、「カーライフを進化させる革新の利便性」、「充実の情報と最新のエンターテインメント」を提供する総合テレマティクス・サービスとして2013 年に輸入車として初めて導入され、、2018年に新しいスマートフォン向けアプリ「BMW Connected」を導入し、車とユーザー、情報をシームレスに繋げ、より快適でスマートなモビリティ・ライフをサポートする新しいパーソナル・アシスタント・サービスとして生まれ変わった“BMW コネクテッド・ドライブ”も搭載している。

 

価格(消費税10%込):ブラック・サファイア/1,364万5000円、ルビー・レッド/1,428万1000円、スピード・イエロー/1,446万6000円

おすすめ記事

Tagged