ホンダ、東京モーターショーに新型「フィット」・新型「アコード」・EV「ホンダ イー」などを出展

業界ニュース

ホンダは、「第46回東京モーターショー2019」(プレスデー:10月23日~24日、一般公開日:10月25日~11月4日)に、市販予定車を含む二輪車・四輪車・パワープロダクツやエネルギー関連技術のコンセプトモデルなどを出展することを発表した。

 

今回の出展では、「自分を、もっともっと連れ出すんだ。」をメインコンセプトに、ホンダ製品を通して感じる「生活の可能性が拡がる喜び」を多彩な企画展示で紹介し、来場者に「Hondaと創る、一歩先の暮らし」を体感できるブースを目指していると説明した。ブース最大の特徴である、可動式の大型スクリーンには、ホンダの製品やサービスを視覚・聴覚で体感できるような臨場感あふれる映像を投影するほか、ブース内の各エリアには、来場者が家族全員で楽しめるような、さまざまな体験型企画を用意するとしている。

 

四輪車では、ワールドプレミアとなる新型「FIT(フィット)」のほか、ジャパンプレミアとして、2020年はじめに発売を予定している新型「ACCORD(アコード)」、そしてEV専用車の「Honda e(ホンダ イー)」を公開する。また、10月にマイナーモデルチェンジとして発売を予定している「FREED(フリード)」、ホンダのフラッグシップであるスーパースポーツモデル「NSX(エヌエスエックス)」、「N-BOX(エヌボックス)」シリーズなど、市販車も多数展示する予定。

 

世界初公開となる、フルモデルチェンジを控える新型「フィット」は、独自のセンタータンクレイアウトによる広い室内空間と、多彩なシートアレンジを継承し、ハイブリッドモデルにはより小型になった2モーターハイブリッドシステムを搭載する。

 

今回、ジャパンプレミアとして公開される新型「アコード」は、ロー&ワイドなプロポーションと流麗なシルエットに、ゆとりある室内空間を実現。美しいスタイリングや使い勝手の良さだけでなく、リニアで軽快、かつ上質な走りを楽しめる上級ハイブリッドセダンとして、2020年初めに日本で発売予定となっている。また、同じくジャパンプレミアの「Honda e」は、ホンダの提案する都市型コミューターとして、力強くクリーンな走りと取り回しの良さをモーターと後輪駆動で実現した。2画面の大型タッチパネルモニターやドアミラーに代わるカメラミラーシステムを搭載したほか、コネクテッド技術や先進のAIを用いた音声認識機能「Honda Personal Assistant(ホンダ パーソナル アシスタント)」でカスタマーの移動と暮らしをシームレスに繋げることを目指して開発され、こちらも2020年に日本で発売予定となっている。

 

また、10月18日発売予定の新型「フリード」も出展する。今回はデザインが刷新され、さらに、クロスオーバースタイルのデザインで、遊び心と力強さを表現した新グレード「CROSSTAR(クロスター)」が新たにラインアップされた。マイナーモデルチェンジモデルの発売直後となる東京モーターショーでは、市販車の展示を行う。

 

ほかにも、製品展示以外では、CBシリーズの発売60周年記念展示や、ホンダのモータースポーツ活動における世界選手権参戦60周年の歴史を伝える展示、またHondaJetの性能、デザインに加え、開発思想について体験しながら学べるコーナーなど、多彩な企画展示を用意している。

おすすめ記事

Tagged