ブリヂストン、「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」出場の32チームに低燃費タイヤ技術を搭載したソーラーカー用タイヤを供給

業界ニュース

ブリヂストンは、タイトルスポンサーをつとめる「2019 Bridgestone World Solar Challenge(ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ、以下BWSC)」に参戦する32チームに、ブリヂストンの低燃費タイヤ技術を搭載したソーラーカー用タイヤを供給すると発表した。

 

2019年10月13日より開催されるBWSCは、2年に1度オーストラリアで開催される世界最高峰のソーラーカーレースで、各参戦するチームは、オーストラリア北部の都市ダーウィンから南部の都市アデレードまでの約3,000 kmを約5日間かけて走破する。

 

ソーラーカー用タイヤとして供給する「ECOPIA with ologic」は、ブリヂストンの低燃費タイヤ技術「ologic」のコンセプトを採用した、ソーラーカー用の低燃費タイヤで、耐久性を確保しながら、転がり抵抗の低減を図ったタイヤである。「ologic」は、狭幅・大径のタイヤ形状により、低燃費と安全性を高次元で両立するブリヂストンのタイヤ技術で、タイヤの大径化により、接地部分の変形を抑制し、車両の燃費向上に関わるタイヤの転がり抵抗を低減するとともに、狭幅化により走行時の空気抵抗も低減している。

 

ブリヂストンは、CSR体系「Our Way to Serve」の中で、「モビリティ」「一人ひとりの生活」「環境」を3つの重点領域として掲げており、BWSCは、「ソーラーカーの開発への貢献」と「若きエンジニアのサポート」「太陽光という新たな動力源を活用することによる環境への貢献」を主目的とし、ブリヂストンの理念を体現できるものと考えているとしている。また、BWSCを通じて、イノベーションと先進技術により、事業と環境保全を両立し、「持続可能な」社会の実現を目指すとともに、人々が快適に移動し、生活し、働きそして楽しむことに貢献していくと述べた。