ホンダ、国際福祉機器展2019で「N-WGN」助手席回転シート車など多彩な福祉車両・福祉機器を展示

業界ニュース

ホンダは、9月25日(水)から27日(金)まで東京ビッグサイトで開催される国際福祉機器展 H.C.R.2019(主催:全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会)において、「Fun for Everyone. Honda ~移動の喜びを一人ひとりに~」というテーマのもと、さまざまな福祉車両・福祉機器を展示する。

 

7月に発表した新型軽乗用車「N-WGN(エヌワゴン)」の助手席回転シート車を本イベントで初めて展示するほか、車いすに乗ったまま後席に乗車できる「車いす乗車モード」へ簡単な手順で切り替えが可能な「N-BOX(エヌボックス)」スロープ仕様、コンパクトなボディながら車いす利用者も含めて最大6名が乗車可能な「FREED+(フリード プラス)」車いす仕様車、ホンダ独自の手動運転補助装置「Honda・テックマチックシステム Dタイプ」を装備した「FIT(フィット)」助手席回転シートなど、各車両の特色を生かした多彩な福祉車両ラインアップを展示する。

 

また、陸上競技用車いす「翔<KAKERU>」や加齢や疾病などにより歩行能力が低下した人のリハビリ補助を目的とした機器「Honda歩行アシスト」、障がいのある人の自動車運転再開に向けた能力評価サポートなどを目的として、全国の病院などで活用されている簡易型四輪ドライビングシミュレーター「Honda セーフティナビ」を体験できるコーナーを設置する。

 

ホンダは、「より多くの方に移動の喜びを提案したい」という想いのもと、全国の四輪車販売店、Honda Cars(ホンダ・カーズ)で、車いす利用者のための駐車場の整備や店舗のバリアフリー化を行っている。さらに、福祉車両の展示車・試乗車を配備し、介助士資格を取得したスタッフが在籍する「オレンジディーラー」を展開しており、車いす利用者でも安心して来店できる店舗作りを行っている。現在、オレンジディーラーは全国に406店舗あり、今後も拡大を目指していくと述べている。

 

【ホンダの主な出展車両/機器一覧】

<介護車/運転補助装置>

○N-WGN
助手席回転シート車
○N-BOX
スロープ仕様
○フリード+
車いす仕様車
○フリード
助手席リフトアップシート車
○ステップ ワゴン
車いす仕様車(2・3列目乗車タイプ)
○ステップ ワゴン スパーダ
サイドリフトアップシート車
○フィット ハイブリッド
助手席回転シート車
「Honda・テックマチックシステム Dタイプ」装着

<その他>

○陸上競技用車いす「翔<KAKERU>」
○Honda歩行アシスト
○簡易型四輪ドライビングシミュレーター「Honda セーフティナビ」
○運転補助装置モジュール

おすすめ記事

Tagged