走行中も声で操作できる無料のAIカーナビアプリ「LINEカーナビ」、新型カローラからSDL対応機器との連携が可能に

自動車 業界ニュース 自動車関連用品

LINEは9月17日より、トヨタの新型カローラ、カローラツーリング、カローラスポーツに標準搭載されたSDL(スマートデバイスリンク)対応車載機から、「LINEカーナビ」と連携が可能となったことを発表した。

「LINEカーナビ」は、LINEのAIアシスタント「Clova」と、トヨタのハイブリッドナビエンジンを連携させた、走行中も声で操作が簡単にできる無料のカーナビアプリ。「ねぇClova、新宿駅に行きたい」などと話しかけての目的地設定や、音楽再生や家電操作、LINEメッセージの送受信など、AIアシスタント「Clova」で提供しているサービスを車内でもスマートフォンの画面を見ることなく使用できる。また、トヨタの豊富な走行データによって走りやすい道案内や、高精度な到着時刻予測を実現するなど、快適なドライブ体験を可能にしており、地図も自動で最新の情報に更新される。

SDLとは、スマートフォンのアプリをカーナビなどの車載機で使えるようにする規格。スマートフォン等とSDL対応機器をBluetoothとUSBケーブルで接続することで利用できる。より大きな画面でスマートフォンのサービスを利用したり、車載機を買い換えることなく最新のサービスを利用したり、レンタカーなど自分の車以外でも使い慣れたサービスをそのまま利用することができる。

なおlineでは、現在LINE Clova公式Twitterアカウント(@LINE_Clova)にて、リリース記念キャンペーンを開催している。

■LINEカーナビ リリース記念! #ナビと話そう キャンペーン

【応募期間】
2019年9月6日(金)~ 2019年9月30日(月)23:59

【報酬内容】
・LINEポイント1000ポイント 100名様
・スマートディスプレイ「Clova Desk」 10名様(Wチャンス報酬)

【参加方法】
・ LINE Clova公式Twitterアカウント(@LINE_Clova)をフォローする
・シルバーウィークに行きたい&行った場所を、Twitterにてハッシュタグ「#ナビと話そう」をつけてツイート
・さらに#ナビと話そう のハッシュタグをつけて、ドライブ先の「LINEカーナビマップのスクリーンショット」を投稿すると、抽選で10名様に「Clova Desk」がプレゼントされる

【LINEカーナビアプリ概要】
対応OS: iOS 11.0以降、Android 5.0以降の64bit版OS
対応言語:日本語
サービス地域:日本
価格:無料
開発・運営:LINE株式会社
著作権表記:© LINE Corporation
App store:https://apps.apple.com/jp/app/line/id1468469241
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.linecorp.clovaauto

おすすめ記事

Tagged