冬が来る前に備えたい[2019年-2020年]スタッドレスタイヤ一覧

自動車関連用品

消費税の増税もあって、例年よりも早めにスタートした今シーズンのスタッドレス商戦。寒さはまだまだこれからだが、ノンビリしているとすぐに冬がやってくる。というわけで、スタッドレスタイヤの用意も早めにしておこう。

■2019-2020年の特徴

新製品の投入サイクルは各社によって異なるが、今年は新製品が少なくブリヂストンのSUV用ブリザックDM-V3と、コンチネンタルの乗用車用ノース・コンタクトNC6の2モデル程度と少ない。

このため市場の主力は、ブリザックVRX2、アイスガード6、X-ICE3+等、17年登場のモデルとなる。2シーズンを経過しているため、評価もほぼ出揃っており、今季は比較的選びやすいシーズンといえるだろう。

大きな傾向としては、氷上・雪上性能はほぼ充足しつつあり、その他の+αの性能向上が各社の差別化ポイントとなりつつある。特に性能の持続性や耐摩耗性を強調するモデルが増えているのが目立つところ。裏返せば新世代モデルがアピールしているポイントは、従来モデルが課題としていたポイントでもある。そんなところも注意深く見てみると、自分の環境や使い方にあったスタッドレスタイヤが見えてくるはずだ。

■ブリヂストン

プレミアム:BLIZZAK VRX2
スタンダード:BLIZZAK VRX
SUV:BLIZZAK DM-V3

装着NO1をアピールするブリヂストンのBLIZZAK(ブリザック)シリーズ。主力VRX2が3シーズン目を迎え、真価が問われる時期となる。また今シーズンはSUV用スタッドレスを5年ぶりに一新し、新モデル「DM-V3」を投入した。評価が高かったDM-V2の後継となるだけに期待が持てそうだ。

 

・BLIZZAK VRX2
2017年9月発売。最新の発泡ゴム「アクティブ発泡ゴム2」を採用し、氷路面でのブレーキ性能をVRX比で10%短縮したほか、摩耗ライフ22%向上、騒音を31%減少させるなど、大幅に性能を向上させている。

氷上、雪上性能はダントツの高性能。特に縦方向の安定感は抜群だ。その分、実売価格も高めだが、経年劣化が少ないため長く使うことが出来ることを考えれば、決して割高ではないといえるだろう。雪国に住んでいる、あるいは雪道を走ることが多いユーザーにオススメだ。

BLIZZAK VRX2

 

・BLIZZAK VRX
2013年9月発売。「アクティブ発泡ゴム」「新非対称パタン」「新非対称サイド形状」の3つの技術を採用し、氷路面における「ブレーキの効き」だけではなく、乾いた路面や濡れた路面などさまざまな冬道で優れた性能を発揮する。

氷上、雪上性能は高レベル。実売価格はVRX2よりも安いのが魅力だが、摩耗がやや早い傾向にある。短期間でクルマを買い替える人や走行距離が少ない人は、こちらもオススメできる。

BLIZZAK VRX

 

・BLIZZAK DM-V3
2019年8月発売。ブリザックDM-V2の後継となるSUV/4×4専用スタッドレスタイヤ。

乗用車用ブリザックVRX2で採用した「アクティブ発泡ゴム2」を採用し、凍結路面での制動距離を9%短縮。さらにストレート溝を4本化することで高い排水性を確保し、剛性を高めた「SUV専用パタン」により、ウェット路面での制動距離も6%短縮している。また「アクティブ発泡ゴム2」と「SUV専用パタン」による高剛性化により、摩耗ライフも従来品と比べて25%向上しているという。

BLIZZAK DM-V3

 

■ヨコハマ

プレミアム:iceGUARD 6
スタンダード:iceGUARD 5PLUS
SUV:iceGUARD SUV G075

ブリヂストンと並ぶスタッドレスの定番「アイスガード」。トータルバランスに優れ、高い評価を集めている。氷上・雪上性能は熟成期に入り、+αの価値としてウエット性能、静粛性をアピールしているのが特徴といえる。

・iceGUARD 6(アイスガード6)
2017年9月発売。キャッチフレーズは「冬の怪物」。ヨコハマの並々ならぬ自信をうかがわせるタイヤだ。アイスガードならではの「氷上性能」、「性能の持続性」、「低燃費性能」に加え、「ウェット性能」「静音性」を向上させたのが大きな特徴。

ブリヂストンVRX2と並ぶ高性能スタッドレスタイヤで、実力は拮抗。実質価格は少しコチラの方が安いので、選びやすいかも。

iceGUARD 6

 

・iceGUARD 5PLUS(アイスガード5プラス)
2015年8月発売。先代「iceGUARD 5」の「氷に効く」「永く効く」「燃費に効く」の3コンセプトを継承しつつ、スタッドレスタイヤで特にニーズの高い氷上性能と省燃費性能のさらなる向上を目指したモデル。氷上性能に付いては「新マイクロ吸水バルーン」「ブラックポリマーⅡ」に加え、従来比で最大30倍の大きさとなる「エボ吸水ホワイトゲル」を採用し、路面への密着性を高めるとともに、スリップの原因となる氷表面の水膜吸水率を従来品に比べ20%向上、氷上制動性能は従来品比で7%向上させている。性能、価格のバランスに優れたタイヤだ。

iceGUARD 5PLUS

 

・iceGUARD SUV G075
2016年9月発売。アイスガードブランド初のSUV用スタッドレスで、「GEOLANDAR I/T-S」の後継モデル。アイスガードのコンパウンド技術「スーパー吸水ゴム」と専用トレッドパターンを採用し、氷上性能を従来比23%向上させたのが大きな特徴。さらに都市型SUVに対応するため、静粛性も追求している。

iceGUARD SUV G075

■ダンロップ

プレミアム:WINTER MAXX 02
スタンダード:WINTER MAXX01
SUV:WINTER MAXX SJ8

「WINTER MAXX」シリーズの発売から評価を大きく上げたのがダンロップ。特にロングライフでは定評があり、走行距離が多い人に向いている。WINTER MAXX01とSJ8は実質価格が安いのも強みといえる。

・WINTER MAXX02
2016年8月発売。高い氷上性能とその長期間維持、さらにライフの長持ちを特徴にしたスタッドレスタイヤ。新開発の「超密着ナノフィットゴム」と「MAXXグリップパターン」により、MAXX01比で氷上ブレーキ性能を12%向上させている。

性能の高さで定評のあるタイヤ。氷上、雪上だけでなくドライ路面でも安定した走りを見せる。が、その分、売価が高いのが難点。

WINTER MAXX 02

 

・WINTER MAXX01
2012年8月発売。従来の「DSX」シリーズから大きく進化、「MAXXシャープエッジ」と「ナノフィットゴム」の採用で氷上ブレーキ性能、ウェットブレーキ性能、耐摩耗性能などを向上させている。

やや古くなったが、氷上性能は現在でも満足できるレベル。また耐摩耗性の強さでは定評があり、たまに降雪する地域やドライ路面での走行が多い人に向いているといえるだろう。

WINTER MAXX01

 

・WINTER MAXX SJ8
2013年9月発売。乗用車用「WINTER MAXX」で採用した「MAXXシャープエッジ」と「ナノフィットゴム」を採用したSUV用スタッドレスタイヤ。さらに専用パターンにより、氷上性能をはじめ雪上性能も向上させている。

基本的な特性はWINTER MAXXと同じだが、SUV用だけに溝が深く、さらにロングライフ。価格も安くコストパフォーマンスにも優れている。

WINTER MAXX SJ8

■ファルケン

欧州を主戦場とするブランドだけに、スタッドレスも他の国産メーカーとちょっと異なる性格。スピードレンジが高く欧州ブランドのタイヤに近いのが特徴だ。高速道路での移動が多い人にオススメである。

・ESPIA W-ACE
2018年8月発売。方向性を持った先進的なトレッドパターン「ラッセルパターン」、サイプを自在に配置した「タテヨコサイプ」、新たに開発した「アイスホールドゴム」などを取り入れることで、氷上ブレーキ性能を7%、氷上コーナリング性能を4%、ウエットブレーキ性能を13%向上させるとともに、スピードレンジ「S」(180km/h)、「H」(210km/h)を実現している。

ESPIA W-ACE

 

■グッドイヤー

プレミアム:ICE NAVI7
スタンダード:ICE NAVI6
SUV:ICE NAVI SUV

人気のオールシーズンタイヤ「ベクターフォーシーズンズ」の陰に隠れて目立たないが、もちろんスタッドレスも充実。派手さはないが、トータルバランスに優れた実力派だ。

・ICE NAVI7
2017年8月発売。新パターンデザイン「セブン・エフェクティブ・デザイン」やシリカを細分化し柔軟性を増した[エキストラ・コンタクト・コンパウンド」などの採用で、氷上ブレーキ性能を強化。ICE NAVI6に比べ7%の性能向上を実現しているという。

氷上からドライまで特出した部分はないが、バランスが良く意外な実力派。当編集部でも使用中。

ICE NAVI7

 

 

・ICE NAVI6
2013年8月発売。雪上・氷上、ロングライフ、ドライ・ウェット性能をバランスよく進化させたスタッドレスタイヤ。後継のNAVI7ほどではないが、トータル性能は高く日常で不満のないレベル。実売価格も安く、経済性も優れている。

ICE NAVI6

 

・ICE NAVI SUV
2014年8月発売。柔軟性に優れ、発熱を抑制させるコンパウンド「アクアフィラーfor SUV」の採用や、方向性なし・対称パターンの採用によって、氷上性能に加え、ドライ路面での操縦安定性やロングライフ性能も向上させたSUV用スタッドレス。

ICE NAVI SUV

 

■トーヨー

プレミアム:OBSERVE GARIT GIZ
スタンダード:GARIT G5
ミニバン/SUV:Winter TRANPATH TX

国産では唯一となってしまった混ぜ物系を採用。同社伝統の「鬼クルミの殻」は今も健在だ。乗用車用ラインアップはやや世代が古くなってしまったが、クセのないバランス型で扱いやすいタイプ。コストパフォーマンスは高い。またミニバン専用の「TRANPATH」シリーズを用意しているのもトーヨータイヤの特徴で、剛性が高くミニバンだけでなく背の高いSUVにも向いている。

・OBSERVE GARIT GIZ
2014年8月発売。NEO吸水カーボニックセル、ナノゲル、鬼クルミ殻を配合した新開発のNEO吸着ナノゲルゴムと、設置性を高めしっかりとしたグリップ力をもたらすタイヤパターンの組み合わせで、凍結路面でのブレーキング、コーナリングにより高度な性能を発揮する。

特に抜きん出ているところはないが、欠点もないタイヤ。クセがなく価格も安いので、幅広いユーザーにオススメできる。

OBSERVE GARIT GIZ

 

 

・GARIT G5
2009年8月発売。氷点下でもゴムの柔らかさを確保する「ナノゲル」を配合した「吸着ナノゲルゴム」で氷に密着、竹炭を使用した「吸水カーボニックパウダー」でミクロ水膜を吸水、「鬼クルミの殻」で氷をひっかき強力にグリップ。また路面をへの追従性を高めた360°サイプを採用している。

乗用車用スタッドレスの中では最古参。スタッドレスとして標準的な性能は備えるが、世代が新しいモデルと比べると、氷上性能、ドライ性能ではさすがに厳しくなってきた。が、その分価格も安く、トータルで考えれば満足できるタイヤだ。

GARIT G5

 

 

・Winter TRANPATH TX
2017年8月発売。SUVやミニバンなどの「ハイト系車両」専用のスタッドレスタイヤで、「Winter TRANPATH MK4α」の後継。「NEO吸着ナノゲルゴム」「3Dダブルウェーブグリップサイプ」「鬼クルミ」などの採用により、アイス制動性能を12%短縮。またタイヤ側面の剛性を高めたことで、不要なたわみや横方向への重心移動を抑制し、より安心感のあるドライブを実現している。

Winter TRANPATH TX

 

■ミシュラン

プレミアム:X-ICE XI3+
スタンダード:X-ICE XI3
SUV:LATITUDE X-ICE XI2

ドライ性能の高さは誰しも認めるところだが、氷上性能では人によって評価が大きく分かれる傾向にあるのがミシュランのスタッドレス。ただし最新のX-ICE3+では氷上性能を向上させ、評価は上昇中。高めだった価格も、X-ICE3+では売価が下がったこともうれしいポイントといえるだろう。

・X-ICE XI3+
2017年8月発売。「X-ICE3」の改良モデルで、基本構造はX-ICE3を踏襲しながらコンパウンドを一新。表面再生ゴムの中に「Mチップ」を加えることで、タイヤが摩耗しても高い氷上性能を保つのが大きな特徴。なおX-ICE3との比較では、新品時のアイスブレーキング性能は4.5%向上、摩耗時のアイスブレーキング性能は11.5%向上しているという。

今シーズンで発売から3シーズン目。「Mチップ」の実力がいよいよ発揮されることとなりそうだ。中国工場での生産となり、以前のモデルと比べて実質価格も安くなった。

X-ICE XI3+

 

 

・X-ICE XI3
2012年9月発売。バランス型のタイヤで、特にドライ、ウェット路での走行性能の高さで定評があるタイヤ。特に軽やコンパクトカーなど軽量なクルマよりも、中大型車などある程度重量のあるクルマとの相性が良い印象だ。

ブロック剛性を保ちながら吸水とエッジ効果を実現するクロスZサイプとマイクロポンプに加え、エッジ効果を増大させるZigZagマイクロエッジを配置することによりアイス路面でのグリップを向上させ、その結果、先代の「X-ICE XI2」に比べアイスブレーキ性能を約9%向上させている。

X-ICE XI3

 

 

・LATITUDE X-ICE XI2
2010年9月発売。各社とも乗用車用スタッドレスタイヤに比べ、SUV用スタッドレスタイヤはモデルサイクルが長いものが多いが、さすがに9年目となると古さが目立つ。ベースとしているのはXI3+より2世代前、08年発売の乗用車用「X-ICE XI2」なので、そこから数えると10年以上前のテクノロジーということになる。

最新スタッドレスと比較すると、さすがに氷上性能は厳しいところ。よほど安いか、装着サイズがこれしかない、という人以外はオススメしにくいのが正直なところだ。

LATITUDE X-ICE XI2

■ピレリ

圧倒的な低価格ながら、高い実力で人気を集めた「アイス・アシンメトリコ」。その改良・進化版の「アイス・アシンメトリコ プラス」が現在の主力。先代モデルの性能を向上させつつ、特にロングライフ性能が高められており、さらなるハイCPを実現している。

・アイス・アシンメトリコ プラス(ICE ASIMMETRICO PLUS)
2018年9月発売。高いコストパフォーマンスで人気の「アイス・アシンメトリコ」の改良版。コンパウンドを改善することによって性能の持続性を高めているのが特徴だ。

手頃な価格に加えてドライ性能も高いため、あまり雪の降らない地域で走行距離が多いユーザーにもオススメだ。

ICE ASIMMETRICO PLUS

 

■コンチネンタル

プレミアム:バイキング・コンタクト7
スタンダード:ノース・コンタクトNC6

乗用車用では今シーズン唯一となる新製品を投入したのがコンチネンタル。コンタクト7、コンタクトNC6とも世代が新しく、高い実力が期待される。

・バイキング・コンタクト7(VikingContact 7)
2018年9月発売のプレミアム・スタッドレスタイヤ。

新コンセプトのパターンデザインとコンパウンドテクノロジーの採用により、相反するウィンター性能とウェット性能を高次元で両立。バイキング・コンタクトシリーズの優れたウィンター性能とドライ路面でのハンドリング性能に加えて、シリーズでは初となる「左右対称パターン」を採用することで、ウェットおよびシャーベット路面での排水性を大幅に高め、冬の様々な路面状況下で安全で快適なドライビングを可能にしている。

VikingContact 7

 

・ノース・コンタクトNC6(NorthContact NC6)
2019年9月発売。乗用車用スタッドレスとしては今年唯一の新作モデル。従来の「コンチ・バイキング・コンタクト6」の後継となる。日本の凍結路面に合わせ、氷上性能に注力しているのが大きな特徴。低温化でもゴムを柔軟に保ち、高性能を長く維持する「ノルディック・コンパウンド+」、凍結路面でのグリップとブレーキ性能を高める「ゲッコー・グラブ・パターン」などの最新テクノロジーを採用している。

NorthContact NC6

おすすめ記事

Tagged