日本精工、欧州の工作機械展示会「EMO Hannover 2019」に出展

業界ニュース 新技術

日本精工は、2019年9月16日(月)~9月21日(土)にドイツのハノーバー国際見本市会場で開催される、世界最大規模の工作機械展示会「EMO Hannover 2019」に出展することを発表した。

 

日本精工は、今回は「MORE THAN PRECISION」を出展テーマに、設備の高効率化、安定稼動、高精度加工に貢献する最新の製品や技術を紹介するとしている。最新の技術や製品で、ソリューションを提供し、モノづくり革命に貢献していくと述べている。

 

【「EMO Hannover 2019」主な出展品】

①高精度・長寿命ボールねじ

  • NSK独自の表面改質技術により低速、小ストロークの繰返しで発生しやすい摩耗を低減し、精度寿命を向上した。
  • 機械のメンテナンスサイクルを延長し、安定したパフォーマンスを実現する。 ⇒工作機械の加工能力向上と省力化に貢献する。

 

②新開発保持器SURSAVE採用工作機械主軸用アンギュラ玉軸受

  • 高速回転時のNRRO(回転非同期振れ)を約50%低減した。
  • 従来軸受に対し、トルクが 20% 低下し、低発熱・省エネに貢献する。
  • dmn 300万の高速回転を実現した。
    ⇒工作機械の加工能力と環境性能の向上に貢献する。

 

 

 

【「EMO Hannover 2019」 出展概要】

  • 展示会名:EMO Hannover 2019
  • 日程:2019年9月16日(月)~21日(土)
  • 会場:ハノーバー国際見本市会場
  • 日本精工ブースNo.:7ホr-ウ、No.B34
  • 公式ウェブサイト:https://www.emo-hannover.de/home

おすすめ記事

Tagged