日立オートモーティブシステムズ、夜間の歩行者検知機能を有するステレオカメラが スズキの「キャリイ」に軽トラックとして初採用

業界ニュース

日立オートモティブシステムズの、夜間の歩行者検知機能を有するステレオカメラが、スズキが一部仕様変更し、安全装備の充実とともに今月より販売開始する「キャリイ」に軽トラックとして初採用された。

 

ステレオカメラが搭載された「キャリィ KX」

 

国内では、軽トラックのメインユーザーとなっている農作業者において、年々、進行する高齢化を背景に「歩行者の検知・保護システム」や「衝突被害軽減ブレーキ」などの先進安全技術の装着意向が強くなっており、日立オートモーティブシステムズは、夜間歩行者検知にも対応するステレオカメラの提供を通じてユーザー需要が高まる先進安全技術を支えていくと述べている。

 

今回、一部仕様変更された「キャリイ」には、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能などの先進運転支援システム(Advanced Driver Assistance System: ADAS)が装備されたほか、スズキの車種では「ソリオ」「ソリオ バンディット」「エブリイ」「エブリイワゴン」が装備している衝突被害軽減ブレーキを支える夜間歩行者検知機能が、「キャリイ」にも追加されている。この機能は、日立独自の機械学習技術を活用したもので、膨大な画像の教師データをステレオカメラに入力することで、これまで困難であった高精度な夜間の歩行者検知を実現している。

 

なお、今回の軽トラック「キャリイ」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーSワイド」に該当している。日立オートモティブシステムズは、このような安全運転サポート車を高度なADAS技術で支援していくとともに、高齢者を含むドライバーによる歩行者や自転車の巻き込みなどの交通事故の防止に今後も貢献していくと述べた。

おすすめ記事

Tagged