自動車整備分野において、初の特定技能外国人が誕生

業界ニュース

9月13日、出入国在留管理庁により、フィリピン人1名に対し、自動車整備分野における在留資格「特定技能1号」の在留資格が初めて許可され、埼玉県の事業場において、初の特定技能外国人が誕生した。

 

我が国の深刻な人材不足に対応し、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人材を幅広く受け入れる制度の「特定技能制度」が、2019年4月1日より開始された。自動車整備分野においても、特定技能外国人の受入れが可能となっており、今後、本制度の活用が見込まれている。

 

自動車整備分野における特定技能制度の概要(http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_SSW.html

 

 

おすすめ記事

Tagged