三菱、2020年からベトナムで「エクスパンダー」の生産を開始

業界ニュース

三菱自動車は、ベトナム社会主義共和国の生産拠点で、クロスオーバーMPV 「エクスパンダー」の生産を2020年より開始することを9月12日に発表し、同日、ミツビシ・モーターズ・ベトナム・カンパニー・リミテッド(以下、MMV)が事業開始から25 周年を迎えたことを記念し、同国ホーチミン市で式典を開催した。

 

MMVは、現在「アウトランダー」のノックダウン生産を行っているが、「エクスパンダー」の生産開始に併せて、MMVの生産能力増強を検討していると述べている。「エクスパンダー」は、2017年秋よりインドネシアで生産・販売を始め、東南アジア各国で売り上げを伸ばしており、ベトナムでは、2018年 10 月より販売を開始した。「エクスパンダー」を中心に、同国での2018年度の全車種販売実績は約14,000台、2017年度の約2 倍となった。2019年度も今のところ販売は好調に推移しているとしている。

 

三菱自動車は、ベトナム経済の発展に貢献するため 、同国自動車市場創生期にあたる1994年、MMVの前身である生産・販売会社を三菱商事株式会社や現地パートナーと合同で設立し、ベトナム事業を開始した。その後、ベトナムの自動車市場拡大とともに、現在ではアセアンにおける成長戦略を支える重要な事業の一つとなっている。

 

また、三菱自動車はベトナムにおける社会貢献活動にも力を入れており、MMVよりベトナム赤十字社を通じ、ホーチミン市の大学生、同市とビンズン省の高校生 計 70 名に奨学金支援を実施した。今後も次世代の教育支援を始めとした社会貢献活動を通じ、ベトナム社会の持続的成長に寄与していくと述べている。

 

三菱自動車 会長の益子修氏は、「ベトナムで高品質なクルマを造り、より多くのお客様にお届けするというこの新たな挑戦は、ベトナム事業の持続的な成長を可能にするとともに、雇用の増加、人材育成、投資、技術移転といった面でベトナム自動車産業及び同国地域経済発展に貢献できると信じております」とコメントした。