クラリオン、クワッドビューナビゲーションに2機種を追加設定

イベント

 

クラリオンは、4つのエリアを1画面に表示する「Quad View(クワッドビュー)ナビゲーション」に高精細なHDディスプレイ(1280×720ドット)を搭載した9型HDのNXV997Dと、8型HDのNXV897Dの2機種をラインナップに追加し、10月上旬から発売を開始する。

両モデルの最大の特徴であるクワッドビューは、ナビゲーション、オーディオ、ツール、アプリケーションの4つのエリアを一画面に表示し、シーンに合わせた切り換えや、ドラッグ操作で各エリアの位置を上下、左右、斜めと乗員の好みに応じて入れ替えることが可能な画期的な操作性を実現している。

4エリアを一画面で表示し画期的な操作性を実現、写真は8型HDのNXV897D

そして今回、新たにショートカット機能を追加した。これは、頻繁に使う機能をアプリケーションエリアにアイコンで表示するもの。例えば、あらかじめ自宅をナビに登録しておくことで、自宅へ戻るアイコンを押すだけでルート探索でき、さらに目的地検索の登録地表示や、ナビルートメニュー、音量のミュートなどもワンタッチで簡単に操作できる。
さらに、デザインテーマ機能で夜景の雰囲気をイメージした黒基調の画面への変更も可能となった。

この他にも、両モデルには、カーナビから音声で自宅のエアコンを操作できる機能も搭載した。これは、クラリオン独自のクラウド情報ネットワークサービス「スマートアクセス」の音声操作機能「インテリジェントボイス」とスマートリモコン「ネイチャーリモ」の連携機能により、帰宅前にナビゲーションの音声操作で自宅のエアコンを操作し、室内を快適な温度に設定することができ、使い勝手を向上させた。価格はオープン価格となっている。

 

【クラリオン関連リンク】

https://www.clarion.com/jp/ja/top.html

おすすめ記事

Tagged