三菱、「アウトランダーPHEV」を一部改良

新車情報

三菱自動車は、ミッドサイズSUV のプラグインハイブリッドEV「アウトランダーPHEV」の一部改良を実施し、全国の系列販売会社を通じて9 月 12 日(木)より販売を開始した。

 

今回の一部改良では、「アウトランダー」シリーズのために専用設計した「ミツビシパワーサウンドシステム」を新たに設定した。510Wのパワーアンプ、8 個のスピーカーシステムを採用することで、クリアかつ存在感のある音質を実現。室内形状やスピーカー位置に合わせて専用の音響チューニングが施されており、透明感のあるサウンドを奏でるオーディオシステムとなった。また、新たに設定した「スマートフォン連携ナビゲーション」は、内蔵地図によるルート案内や VICS交通情報対応といった便利な機能に加え、AndroidスマートフォンやiPhoneを USB ポートにつなぐだけで、Android Autoや Apple CarPlayのお気に入りのアプリケーションを楽しむことができるのに加え、ディスプレイ画面を8 インチに拡大し、見やすさや操作性を向上させた。

 

 

エクステリアでは、ボディカラーに強い輝きと深みを併せ持つ上質なレッドダイヤモンドを新たに設定し、全 10 色展開としたほか、インテリアでは、運転席に腰部を適度に支持して運転姿勢を適正化させるパワーランバーサポート機能を採用した。さらに、セカンドシートの形状及びクッションを見直しサポート性を向上、助手席のパワーシートを標準装備し利便性を向上した。(G Limited Editionを除く)

 

価格(消費税8%込):386万7480 ~519万8040 円

おすすめ記事

Tagged