ヨコハマタイヤ「ブルーアース-GT AE51」が「MAZDA2」に新車装着

業界ニュース 自動車関連用品

横浜ゴムは、マツダが2019年9月より国内で発売した「MAZDA2」の新車装着(OE)用タイヤとして「BluEarth-GT AE51(ブルーアース・ジーティー・エーイーゴーイチ)」の納入を開始した。装着サイズは185/65R15 88S。

 

 

横浜ゴムは、先進タイヤ技術「BluEarth」テクノロジーを投入したタイヤの開発を積極的に進めており、「BluEarth」シリーズのタイヤは最新のセダンやSUV、スポーティーカー、コンパクトカーなどに幅広く新車装着されている。「BluEarth-GT AE51」は、「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマとした横浜ゴムのグローバルタイヤブランド「BluEarth」の基盤設計や材料技術を採用し、走行性能、快適性能、環境性能の全てに優れる、高いグランドツーリング性能を持ったタイヤである。

 

「MAZDA2」は、「日常を豊かにする上質なパーソナルカー」をコンセプトに、普段の生活の中でカスタマーが感じる“質感”にもこだわっており、操縦安定性、乗り心地、静粛性といった“乗って、運転して感じる質感”の領域にもこだわって作りこまれている。

おすすめ記事

Tagged