ランドローバー、新型ディフェンダーを初披露

自動車 新車情報

ランドローバーは、9月10日よりドイツ フランクフルトで開催されている「フランクフルトモーターショー 2019(IAA2019)」で新型「ディフェンダー」をワールドプレミアした。

2代目となる新型ディフェンダーは、卓越した走破性と堅牢性をさらに進化させるとともに、最新のパワートレーンやインフォテイメントシステムを採用したのが特徴。市場にはまず「DEFENDER 110」から導入され、その後ショート・ホイールベースの「DEFENDER 90」を導入、2020年に実用的な商用モデルを導入予定としている。

■独自のデザインを継承

新型ディフェンダーは、短い前後オーバーハングで優れたアプローチ・アングル、デパーチャー・アングルを実現するなど、ひと目で「ディフェンダー」とわかるシルエットを採用。専用の直立フォルムをはじめ、ルーフ後方に取り付けた「アルパインライト」ウィンドウ、横開きのリア・テールゲート、外付けスペアタイヤなど、初代ディフェンダーの特徴が、新たな形で取り入れられている。

新型ディフェンダーのリヤスタイル

インテリアでは、通常は見えないように設計される構造物や装具をあえて露出させ、シンプルさと実用性を強調。またシフトレバーをダッシュボードに取り付け、オプションで追加できる「ジャンプシート」も設定。この「ジャンプシート」は、初期の「ランドローバー」のようにフロントシートを3人掛けにすることができる。

シートは、「ディフェンダー110」では5シート、6シート(「ジャンプシート」選択時)、5+2シートから選択可能。2列目シート後ろの収納容量は最大1,075リットル、シートを倒した場合は2,380リットルまで拡張できる。

「ディフェンダー90」の全長はファミリー向けのコンパクト・ハッチバックと
同等のサイズとなる予定で、乗車定員は5人(「ジャンプシート」選択時は6人)までとなる。

■優れた悪路走破性

ボディ構造は、ランドローバーが新たに極限環境向けに開発した「D7x」アーキテクチャーと呼ぶ軽量アルミニウムのモノコック構造を採用。ランドローバー史上最も頑丈なボディ構造となっており、従来のラダーフレーム構造と比較して約3倍のねじり剛性を確保、開発の過程で6万2,000項目以上のテストをしており、シャシーとボディ構造は一般的なSUVや乗用車の基準を上回るという。

駆動系では、パーマネントAWD (全輪駆動)、ツインスピード・オートマチック・ギアボックス、センター・ディファレンシャル、オプションのアクティブ・ロッキング・リア・ディファレンシャルなどを備え、柔らかい砂が舞う砂漠地帯から極寒のツンドラ地帯まで、あらゆる環境で優れたパフォーマンスを発揮するために必要なすべての機能を備えている。

また状況に応じて細かな車両設定が可能な「コンフィギュラブル・テレイン・レスポンス」を新たに採用。インテリジェント・オート機能を利用して、地形に合わせたモードを自動で検出させることも可能となっている。

最低地上高は291mm(エア・サスペンション)で、世界トップクラスのオフロード・ジオメトリーを実現。アプローチアングル、ブレークオーバーアングル、デパーチャーアングルは、それぞれ38度、28度、40度(オフロード走行時の高さ)としている。また「テレイン・レスポンス2」の新たなウェイド・プログラムにより、最大渡河水深は900mmで、深い水域でも進むことが可能という。

さらに、フロント下180度の視覚を確保する「クリアサイト・グラウンドビュー」も搭載ボンネットに隠れ、見えない前輪のすぐ前方エリアの映像を車内中央のタッチスクリーンに表示するもので、新型ディフェンダーの能力を最大限に発揮することができる。

■パワートレーン

パワートレーンには、ガソリンとクリーンディーゼルを搭載。さらに2020年には、PHEV(プラグイン・ハイブリッド)を追加予定としている。

導入時は、マイルド・ハイブリッドの4気筒「P300」エンジンと、パワフルな6気筒「P400」のガソリンモデルをラインアップ。このほか、4気筒ディーゼルは「D200」とパワフルな「D240」の2種類を搭載し、燃費効率37.2mpg(7.6 l/100km)、CO2排出量99g/km(NEDC同等水準)を実現する。

■先進装備も採用

インフォテイメントシステムには、ジャガー・ランドローバーの最新インフォテインメントシステムである「Pivi Pro」を初採用。より直観的かつユーザーフレンドリーな次世代タッチスクリーンで、使用頻度の高いタスクを簡単に操作できる。

新型ディフェンダーのインパネ

またSoftware-Over-The-Air(SOTA)により、リモートでアップデート情報を受信できる14の独立モジュールを搭載。ドライバーが自宅で寝ている間や遠方にいる際にデータをダウンロードすることで、アップデート情報が次々と車両に転送され、迅速に、またランドローバーのディーラー店舗を訪れる必要もなく、車両の更新をし続けることが可能となっている。

■多彩なパーソナライズ

グレード展開は製造開始から1年間限定の「FIRST EDITION」をはじめ、最上級の「DEFENDER X」、そしてスタンダードモデルの「S」、「SE」、「HSE」を設定。さらに、それぞれ特徴のある厳選したオプションや機能を盛り込んだ4種類のアクセサリーパック(「EXPLORER PACK」、「ADVENTURE PACK」、「COUNTRY PACK」、「URBAN PACK」)もあり、ランドローバー史上最も多様なパーソナライズが可能となっている。

また、エクステリアの塗装の耐久性をさらに高める新たなオプションとして、「サテン・プロテクト・フィルム」を設定。持続可能でリサイクルができる無溶剤のラップフィルムで、ひっかき傷や石はねによる傷から塗装を保護することができる。

アクセサリーパックに加え、「Remote Control Electric Winch」、「Rooftop Tent」、「Inflatable Waterproof Awning」や、従来の牽引バーシステムからルーフラックなど、これまでで最も幅広く多様なアクセサリーも揃えられている。

おすすめ記事

Tagged