フォルクスワーゲン、虎ノ門に新スポット「新虎ヴィレッジ」をオープン

業界ニュース

フォルクスワーゲングループジャパンは、ヒトが集まり、新しいコトが生まれるユニークでオープンな遊び場「新虎ヴィ レッジ」を10月5日(土)にオープンする。また、オープニングイベントとして“多様なヒトが集まることで、面白いコトが自然と生まれる”という新虎ヴィレッジの考え方に共鳴した、世界的にも注目されている欧州最先端のテック×カルチャーの祭典「Border Sessions」が、日本初上陸することも決定している。

 

 

【“Play On!”をコンセプトに、ヒト・モノ・コトを つなぐ新しい遊び場「新虎ヴィレッジ」】

「新虎ヴィレッジ」は、“Play On!”をコンセプトに、フォルクスワーゲンがつくりだすヒト・モノ・コトを つなぐ新しい遊び場。訪れた人の創造性を刺激するストリートアートが最大の特徴となり、 リユースされた廃材で構成された、ユニークでオープンな空間となっている。アムステルダムアートシティー「NDSM」主宰で、都市計画のパイオニアであるEva de Klerk(エヴァ・デ・クラーク)氏、「Street Art Today」の創設者でアーティストプロデューサーのPeter Ernst Coolen(ピーター・エルンスト・クーレン)氏、ストリートアーティストのOkuda San Miguel(オクダ・サン・ミゲル)氏、建築家の中川エリカ氏と、世界で活躍するクリエイター4名のコラボレーションにより プロデュースした空間が、集まるヒトの創造性を刺激し、交流を促進するとしている。

 

「新虎ヴィレッジ」内は大きく4つのエリアで構成され、期間ごとに様々なテーマのイベントや各企業の 体験ブース、ワークショップ、展示会などを開催する予定で、既に多くの企業・団体が参加を表明している。

 

【オープニングイベントには欧州最先端のテック×カルチャーの祭典「Border Sessions」が初上陸】

世界でも注目の欧州最先端のテック×カルチャーの国際的イベント「Border Sessions」が日本に 初上陸し、新虎ヴィレッジのオープニングイベントを飾る。Tech Culture Festival」の創設者であるGerrit Jan Van Veen氏(ゲリット・ヤン・ファン・フェーン)を迎え、日本、オランダ、アメリカ、イギリスなど世界各国のイノベーター総勢16名による、アート、ロボティック、ゲノム、テクノベート、シティなどをテーマにした“世界の先端”を知ることができるプレゼンテーションが繰り広げられる他、登壇者の最新プロダクトや研究成果が展示される。

 

 

【「新虎ヴィレッジ」施設概要】

  • 住所:東京都港区西新橋2-16-6
  • 営業期間:2019年10月5日(土)~2020年3月29日(日)
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 入場料:入場無料 ※コンテンツにより一部有料
  • WEBサイト:https://sp.volkswagen.co.jp/shintora/

 

おすすめ記事

Tagged