アウディ、新型「Audi RS 7 スポーツバック」をフランクフルトモーターショーで世界初公開

新車情報

独アウディは、第2世代へと進化を遂げた新型「Audi RS 7 Sportback」を、フランクフルトモーターショー(IAA)で、初公開することを発表した。新型「Audi RS 7 Sportback」は、マイルドハイブリッドシステムを搭載し、パフォーマンスと効率がさらに改善している。なお、2019年末より、ドイツおよびその他のヨーロッパ諸国から発売を開始予定となっている。

 

 

【高い走行性能と燃費効率を兼ね備えたエンジンを搭載】

新型「Audi RS 7 Sportback」のパワートレインは、最高出力441kW(600hp)、最大トルク800Nm/2,050〜4,500rpmを発生する4.0 TFSIエンジンを搭載している。4.0 TFSIエンジンは、48Vの主電源システムを備えたマイルドハイブリッドシステム(MHEV)により、最大のパフォーマンスと高い効率を兼ね備えており、ベルト駆動式オルタネータースターターは、減速時に最大12kWの電力を回生し、リチウムイオンバッテリーに供給する。また、MHEVテクノロジーにより、22km/h未満の速度でアイドリングストップ機能を作動させることが可能になり、停止後に前方車両が動き始めると、ブレーキペダルを踏んでいてもエンジンが始動する。このMHEVテクノロジーを使用することにより、100km走行あたり燃料消費量を最大0.8リットル削減することが可能となった。

 

また、4.0 TFSIが発生するパワーは、素早いシフトを特徴とし、新たにローンチコントロール機能を備えた標準の8速ティプトロニックトランスミッションを介して、quattroフルタイム4輪駆動システムに伝達され、駆動力は、純粋な機械式センターディファレンシャルを介して、40:60の比率で前後のアクスルに配分される仕組みとなっている。さらに、横方向の力と縦方向の力をそれぞれのアームで効果的に分担する5リンク式のフロントおよびリヤサスペンションが装備されているほか、新型「Audi RS 7 Sportback」専用にチューニングが施された、ダンパーコントロール付きRSアダプティブエアサスペンションも標準装備され、305km/hの最高速度を可能とする。

 

 

 

【RS専用の特徴的なデザインを採用したエクステリアとインテリア】

エクステリアでは、大きく張り出したホイールアーチの幅広さは、フロントフェンダー部で1,950mmの全幅を備えており、「Audi A7 Sportback」と比べて40mm近く拡大されている。新型「Audi RS 7 Sportback」は、クーペのようなフォルムを特徴とする「Audi A7 Sportback」のボディを共有しているが、共通のコンポーネントが使用されているのは4つの領域(ボンネット、ルーフ、フロントドア、テールゲート)のみとなっている。また、RS専用のエクステリアデザインにより、全長は5,009mmに拡大された。

 

新型「Audi RS 7 Sportback」は、幅広くフラットなシングルフレームグリル、グロスブラック仕上げのRS専用の立体的なハニカム構造のラジエーターグリル、ブラックインレイを備えたRS専用のドアシルなどを採用している。また、カーブを描くリヤエンドのトレーリングエッジと、左右のリヤライトを接続するライトストリップが大きな特徴となっており、速度が100km/hを超えると、テールゲートからスポイラーが展開する。クロームカラーの大径楕円テールパイプは、リヤディフューザーとグロスブラックのデザインエレメントとともに、RS専用バンパーの左右に配置されているほか、LEDヘッドライトが標準装備されている。さらに、オプションのRSマトリクスLEDレーザーヘッドライトを注文すると、ライトベゼルがダーク仕様となり、LEDリヤライトにはダイナミックターンシグナルが装備されるほか、車両のロック/ロック解除時には、RS専用のライトシーケンスが作動する。ボディカラーは、ナルドグレー、クリスタルエフェクトのセブリングブラックに加え、5種類のマットエフェクト仕上げを含む、合計13のボディカラーが標準で用意されている。

 

 

新型「Audi RS 7 Sportback」のインテリアデザインは、エクステリアと同様、緊張感のあるライン、滑らかな曲面、クリアで明確な造形を特徴としており、運転席と助手席には十分なスペースが確保され、インテリアのアーキテクチャーには、未来的なユーザーインターフェイスへのシームレスな移行が実現している。上部に設置されたMMIタッチレスポンスのディスプレイは、ブラックパネルのダッシュボードに組み込まれ、ディスプレイをオフにするとパネルに溶け込んで、ほとんど見えなくなる。ドライバーは、上部RSモニターディスプレイを使用して、駆動システムコンポーネントの温度、最大Gフォース、タイヤ空気圧や温度などの情報を呼び出すことが可能となっている。

 

また、レッドまたはグレーを基調とする2種類のRSデザインパッケージでは、インテリアにカラフルなカラーが採用され、アルカンターラを使用したステアリングホイールリム、シフトレバーゲートル、ニーパッドには、コントラストステッチが施されているほか、今回初めて、5ドアグランドツアラーに、3人掛けのリヤシートが用意された。ラゲージコンパートメント容量は535ℓで、リヤシートの背もたれを折りたたむと容量は1,390ℓまで拡大する。

 

おすすめ記事

Tagged