ブリヂストン、トラック・バス用タイヤのメンテナンススキルを競う「第10回技能グランプリ全国大会」を開催

業界ニュース

ブリヂストンのグループ会社であるブリヂストンタイヤジャパン株式会社は、トラック・バス用タイヤのメンテナンススキルを競う「第10回技能グランプリ全国大会」を、9月8日(日)北九州市で開催した。

 

ブリヂストングループは、「経費削減」、「環境対応」、「安全運行」、「業務効率化」といった運送事業者の様々な課題や困りごとに応えるべく、商品とタイヤメンテナンスサービスを組み合わせた「タイヤソリューション」を展開している。その中でも「安全運行」を中核となって支えているのが、メンテナンススタッフである。

 

上記大会は、次世代のメンテナンススタッフの人材育成、サービス品質向上を目指し、トラック・バス用タイヤを扱うブリヂストンタイヤショップのスタッフが、自社が制定した作業標準に基づき、タイヤメンテナンス作業の技術と知識を競い合う大会で、2010年に開催した第1回から10回目となる今回の大会まで、予選を含めのべ約4,100名が参加している。

 

今回の大会では、最高峰の技能レベルを有するメンテナンススタッフを「技能エキスパート」に認定、その内、安全性や確実性、迅速性を特に満たした技能エキスパートを「技能マイスター」に認定しており、この10年で認定された「技能マイスター」32名、「技能エキスパート」45名は、タイヤメンテナンススタッフのリーダーとして活動し、タイヤメンテナンス技術を次世代へ伝承することで、ソリューションビジネスを支えていると述べている。

 

ブリヂストングループは、タイヤメンテナンススタッフの育成を通じたサービス品質の向上により、運送事業者様の安全運行を足元から支えることでモビリティ社会に貢献していくとしている。

おすすめ記事

Tagged