フェラーリ100台が横浜に集結、FOCJ 5周年イベント

イベント

国内唯一のイタリア・フェラーリ社公認クラブ「フェラーリ・オーナーズクラブ・ジャパン(FOCJ)」が、創立5周年を記念するイベントを8月30〜9月1日の3日間にわたり開催した。

今回参加した車両は約100台。全国からクラブメンバーが集い、3日間のツーリングを主体にしたイベントを楽しんだ。
最終日のグランドフィナーレでは、横浜の新たなランドマークとして10月31日に開業を予定している新複合施設「横浜ハンマーヘッド」を貸し切り、ツーリングのゴール会場を特設。フェラーリ約100台が桟橋に整列する壮観な光景が見られた。

横浜ハンマーヘッドでグランドフィナーレ

創立5周年を迎えたFOCJは、旧オフィシャルクラブとの統合を経て2014年に設立。約550名のフェラーリオーナーが会員となっている公認クラブで、フェラーリ・オーナーズ・クラブのガイダンスに沿って、年間約20のイベントを行っている。特にフェラーリの聖地「ミュゼオ御殿場」で開催されるFOCJブランチは、フェラーリファンには有名だ。

続々と集結するフェラーリ。手前は「488ピスタ ピロティ・フェラーリ」

その中でも周年行事はまさに〝スペシャルイベント〟。普段目にする機会のない希少なモデルも駆けつけており、スペシャルモデル「ラ・フェラーリ」や「エンツォ」をはじめ、スーパーカー世代憧れの「デイトナ」「308GTB」「512BB」、イタリア語でサーキットを意味する「ピスタ」をモデル名に冠した「488ピスタ」、デリバリーが開始されたばかりの「ピスタ・スパイダー」等現行モデルも数多く集結。同じフェラーリ愛好家同士、参加オーナーは仲間達と談笑をしたり、記念写真を撮る等楽しんでいた。

マーチング・バンド「YOKOHAMA ROBINS」の出迎えを受けながら続々と入場

セレモニーではFOCJの川崎徳来会長が登壇。設立からの5年間を振り返り、メンバー達の熱い想いと協力への感謝の言葉とともに、「次は10周年を目指して、フェラーリ好きが集まり、楽しめるクラブにしていきたい」と抱負を述べ、最後はフェラーリ100台とともに記念撮影をして閉幕となった。

FOCJ 川崎会長が挨拶

おすすめ記事

Tagged