日野が開発した大型ハイブリッドトラック「日野プロフィア ハイブリッド」を、西濃運輸が導入

業界ニュース

西濃運輸株式会社(神谷正博社長、本社:岐阜県大垣市、以下西濃運輸)は、日野が開発した世界初のハイブリッドシステム搭載の新型大型ハイブリッドトラック「日野プロフィア ハイブリッド」を導入。その第1号車の登録が完了し、9月4日に西濃運輸本社で納車式が実施された。

 

 

今回導入した「日野プロフィア ハイブリッド」は、AIを活用した世界初のハイブリッドシステムが搭載されており、走行ルートの100㎞先までの勾配を先読みし、AIが走行負荷を予測し最適なハイブリッド制御を行うことで、高い環境性能を実現している。

 

西濃運輸は、第1号車を9日より西濃運輸山口支店(山口県山口市)から大垣支店(岐阜県大垣市)間で路線運行に使用するとしており、企業市民として常に交通安全に心がけ、また環境問題にも積極的に取り組んでおり、環境問題解決の一環として導入したと述べている。

おすすめ記事

Tagged