日野、フィリピンで「テクニカルサポートアンドトレーニングセンター」の開所式を実施

業界ニュース

日野とフィリピンにおける販売製造子会社の日野モータース フィリピン株式会社(田畑光晴社長、本社:カランバ市カンルーバン工業団地、以下日野フィリピン)は9月5日、「テクニカルサポートアンドトレーニングセンター(以下TSTC)」の開所式を実施したことを発表した。

 

 

日野は、「Challenge2025」において、カスタマーと社会へ継続的に価値を提供していくための事業基盤強化の一環として、カスタマーの稼働を支援する「トータルサポート」の強化を掲げている。日本に次ぐ第2の柱であるASEANの中でも、フィリピンは近年新車販売台数が大きく伸びており、保有台数の増加に伴い、ますますきめ細かいトータルサポートの提供が重要となることから、日野フィリピンは、TSTCがトータルサポートを牽引する核となる施設であると位置づけている。

 

本社敷地内に新設したTSTCには、最新の整備設備を導入した「ワークショップ」、多様なニーズに合った人材育成プログラムに対応できる「トレーニングセンター」、作業効率性を向上させた「部品倉庫」を備え、ハード・ソフトの両面からトータルサポートを強化する。また、ワークショップの構内動線を最適化したほか、建物の屋上部にソーラーパネルを設置し発電を賄う計画で、安全・環境にも配慮した造りとなっている。

 

開所式で日野フィリピンの田畑光晴社長は「車検制度に対応できる設備の導入はもとより、私たちは『すべてのお客様に高品質なアフターサービスと献身的なサービスチームを提供する』ことを常に心がけ、サービスの前線を最も重視しております。TSTCはお客様の車両をメンテナンスするだけでなく、トレーニングと育成の場でもあります。日野ディーラーネットワークの全メカニックが適切なトレーニングを受け、より高品質なサービスを提供できるようにしてまいります」と語った。

 

また、日野の市橋保彦会長は「日野では、良い商品の提供はもとより、お客様によりご満足いただけるよう『トータルサポート』という概念を掲げており、販売増に伴ってアフターサービス需要を満たすことがお客様の信頼を高めるうえで非常に重要となっています。日野は今後もトータルサポートの提供を通じ、フィリピンをはじめ世界中のお客様のお役に立つことで発展を続けてまいります」とコメントした。

おすすめ記事

Tagged