日産、新型「スカイライン」の受注が約1ヵ月半で1,760台を突破

自動車 業界ニュース

日産は、9月4日、新型「スカイライン」の受注が、7月16日の発表から約1ヵ月半で1,760台を突破したことを発表した。なお、新型「スカイライン」は、9月17日(火)に全国一斉に販売を開始する。

 

 

日産は、世界初の先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載したハイブリッドモデルに加え、大幅なパフォーマンス向上を実現したターボエンジンモデルが、多くのカスタマーから好評を得て、非常に好調な立ち上がりとなっていると述べた。

 

新型「スカイライン」のグレード別での受注実績は、「プロパイロット2.0」を搭載したハイブリッドモデルが48%、ターボエンジンモデルが52%。またターボ車の中でも400Rが半分を占めている。400Rは平均年齢が50代後半のセダン市場において、40代以下のユーザーが三割近くを占め、年齢層の若いカスタマーが多いことが特徴となっている。ボディーカラー別では、ブリリアントホワイトパールが40%と最多。さらに、次世代の専用車載通信ユニットにより多彩なサービスを提供するNissanConnectサービス(コネクテッドカーサービス)も好評を得ている。

 

日産の執行役副社長、星野 朝子氏は、「新型『スカイライン』の発表以降、多くのお客さまから高い関心をいただき、発売を前に、いち早くお選びいただいたことを非常に嬉しく思っています。また、高速道路でのハンズオフを実現した『プロパイロット2.0」の搭載モデルはもちろん、胸のすく力強い走りを特徴とする400Rにもたくさんのお客さまからオーダーをいただき、改めてこの『スカイライン』というクルマの使命と、特別なブランド価値を実感しています。9月17日の発売からは、更にたくさんのお客さまに、『技術の日産』の先進技術がもたらす『スカイライン』のワクワクを日産の販売店でご体感いただきたいと思います。」とコメントしている。

 

 

おすすめ記事

Tagged