Hot Wheelsから日本車がハイセンスなアレンジを受けて続々登場!「カー・カルチャー ストリート・チューナーズ」

自動車関連用品

世界大手の玩具メーカー、米国マテル社の日本法人であるマテル・インターナショナル株式会社は、カルチャーにフォーカスした特徴的なデコレーションやファン絶賛のホイールなど、ホットウィールの象徴的なミニカーコレクション「カーカルチャー アソート」より、日本車のチューニングカーをコンセプトにした「カー・カルチャー ストリート・チューナーズ」を9月上旬より発売する。車種は日産シルビア(S15)、マツダRX-7、日産180SXタイプX、ホンダS2000、パンデム・スバルBRZの5種類。

「カー・カルチャー ストリート・チューナーズ」は、ホットウィールのベーシックカーのサイドラインのカーカルチャーシリーズの中で、親しみのある日本車をコンセプトにハイセンスなアレンジを加えた商品。ダイキャスト製のボディ&シャシー、ゴム製のタイヤと煌びやかなホイール、そしてヘッドライトやスモールランプもしっかりと再現。中でもニッサン・シルビア、ニッサン180SXタイプX、パンデム・スバルBRZはステアリングの位置を右にするなど、完全な日本仕様を再現している。

パンデム・スバルBRZ

またパンデム・スバルBRZは、日本が世界に誇るカスタムカーのスタイルである、ビス留めオーバー・フェンダーの代名詞的ブランド「ロケットバニー」からパンデムのボディキットをまとっており、まだアメリカにも輸出されていない今回初登場の商品となっている。

価格は各700円(税抜)

おすすめ記事