ブリヂストン、CO2排出量削減と省資源化に貢献するタイヤ軽量化の新技術「エンライトン」を開発

新技術 自動車関連用品

ブリヂストンは、車両のハンドリングなどの運動性能、タイヤライフに繋がる摩耗性能を維持しながら、タイヤ重量を軽量化する事で、タイヤの転がり抵抗を大幅に低減できる新技術「Enliten(エンライトン)」を開発したことを発表した。

 

この技術は、3次元形状革新サイプによるパターンブロック挙動最適化、及び、最新シミュレーション技術を活用した接地形状最適化により、運動性能、タイヤライフを維持しながら、タイヤに使用する部材を削減する事で、従来の乗用車用タイヤに比べて、約20%の軽量化、転がり抵抗を約30%低減することを可能にしている(タイヤサイズ225/40R18にて比較)。

 

地球温暖化や資源枯渇は、環境面のみならず、自動車などの産業界においてもグローバル規模の課題となっており、欧州では、自動車から排出されるCO2を削減するために、自動車メーカーに対してより厳しいCO2削減目標を設定している。「Enliten」は、タイヤ革新技術として、「省資源化」と「転がり抵抗の低減」により、ガソリン車の走行時にタイヤ起因によるCO2排出量を約30%削減することを可能にし、電気自動車の1回の充電で走行できる距離(航続距離)を延ばすことを通じて環境負荷低減とモビリティ社会に貢献する。

 

ブリヂストンは、自社のCSR体系「Our Way to Serve」の中で、「Environment(環境)」「Mobility(モビリティ)」を重点的に貢献していく領域としており、今後もイノベーションと先進技術、画期的なソリューションを通じて事業と環境保全を両立しながら顧客価値を提供し、人々がより快適に移動し、生活し、働きそして楽しむことに貢献していくと述べている。

おすすめ記事

Tagged