ブリヂストン、「フランクフルトモーターショー2019」に出展

業界ニュース

ブリヂストンは、2019年9月10日~22日に、ドイツのフランクフルトで開催される「フランクフルトモーターショー2019」に出展することを発表した。

 

今回のモーターショーでは、CASEを見据えた将来のモビリティ社会に貢献するブリヂストングループの革新的な商品や技術、及びソリューションビジネスモデルなど、先駆的な取り組みを紹介するとしている。

 

ブリヂストンは、今日、都市化、地球温暖化や資源枯渇といった社会・環境構造の変化、及び、モビリティ社会の進化へ対応する必要性が世界的に高まっているなかで、百年に一度と言われる大変革期を迎えている自動車業界は、CASEに代表される新しい取組みに果敢にチャレンジしており、自動車業界を足元から支えるタイヤ業界のリーディングカンパニーとして、ブリヂストンが持つタイヤ・ゴムに関する専門知識や研究開発の強みに加えて、独自のイノベーション(技術・ビジネスモデル・デザイン)とグローバルのビジネス規模を活かし、業界をリードする製品・サービス、そしてモビリティソリューションの提供により、モビリティ社会を支えていくと述べている。

【ブリヂストンの主な展示内容】

<進化するカスタマーのニーズに応えるモビリティソリューション>
欧州で展開する、タイヤ、ブレーキ、バッテリーなどの車両のコンポーネントに関する最先端の予測メンテナンス、タイヤおよびその他自動車関連サービスの包括的な月額サービス、経費節減に貢献するフリート管理ソリューションを紹介する。

<モビリティ社会の未来を切り拓くタイヤ技術>
省資源化・低燃費化によるCO2排出量低減と高い運動性能を高次元で両立する新技術、車内騒音の大幅低減を可能にする技術、タイヤ内面のシーリング材によるパンク対応技術や、ランフラットテクノロジー、ologic、エアフリーコンセプトについて紹介する。

<欧州で展開する主力タイヤラインアップ>
WET、雪上、氷上路面でも優れた操縦性と安全性を提供するウィンタータイヤの新製品、WET、DRY路面問わずトップクラスの性能を発揮しながら優れたタイヤライフを実現した夏用タイヤの新製品を紹介する。

<欧州地域におけるオリンピック・パラリンピックを通じた取組み>
ブリヂストンのオリンピック・パラリンピックのワールドワイドパートナーシップ、
および「Chase Your Dream, No Matter What」キャンペーンについて紹介する。

おすすめ記事

Tagged