国交省、中小トラック・バス事業者に対しハイブリッド自動車の導入補助を実施

業界ニュース

国土交通省では、平成30年度第2次補正予算に係る「中小企業向けハイブリッドトラック等導入支援事業」の3次公募を9月2日(月)より実施することを発表した。

 

地球温暖化対策を促進するため、地球温暖化対策計画に基づき、2030年度までに2013年度比で運輸部門のCO2削減量を約28%削減するという目標を達成するためにも、国土交通省では、環境性能及び燃費性能の高いハイブリッドトラック及びハイブリッドバスの普及を促進を促すため、中小トラック・バス運送事業者に対し、車両の導入費用の一部を補助する。

 

公募期間中の交付予定枠申込書の提出者から、補助対象者の内定を行う。なお、予算の範囲内の補助となるため、本公募実施の結果、申請額が予算額を上回った場合は、補助額の減額や公募期間の短縮等があり得ると説明している。

 

公募期間は、9月2日(月)~12月27日(金)までとなっており、対象は平成31年4月1日(付)~令和2年1月31日(金)までに初度登録(予定)の車両。また、中小トラック・バス運送事業者(中小事業者の要件は「資本金3億円以下又は従業員数300人以下)を対象事業者としており、補助対象車両はハイブリッドトラック・ハイブリッドバスで、通常車両価格との差額の1/3が補助率となる。

おすすめ記事

Tagged