スズキ「キャリイ」を一部仕様変更、夜間歩行者検知に対応した衝突被害軽減ブレーキを搭載

新車情報

スズキは、軽トラック「キャリイ」を一部仕様変更し、軽トラック初の夜間歩行者検知に対応した衝突被害軽減ブレーキを搭載するなどして9月17日より発売する。

 

今回の一部仕様変更では、衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」を採用し、軽トラックで初めて夜間の歩行者を検知可能とした。軽トラックで唯一搭載している前後の誤発進抑制機能に加え、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストなども新たに採用することで、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実させた。これらの機能をKX、スーパーキャリイ、特別仕様車KCスペシャル、農繁スペシャルに標準装備したほか、メーカーオプション設定車も増やした。

 

内外装では、フォグランプベゼルをメッキに変更(KX)したほか、ヒーターコントロールパネルではダイヤル式を採用した。ボディカラーには、「クールカーキパールメタリック」を新設定するなど、全5色を用意している。

 

 

また、軽トラック「キャリィ」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」に該当する。「サポカーS ワイド」は、被害軽減(自動)ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車が該当する。

 

価格(消費税込):72万2520円~138万7800円

おすすめ記事

Tagged