グッドイヤー、2019/2020 WEC開幕戦のタイヤ仕様を発表

業界ニュース

グッドイヤーは、9月1日にシルバーストーンで開催される2019/2020 FIA世界耐久選手権(WEC)開幕戦のタイヤ仕様を発表した。グッドイヤーは今回、世界的なレースであるWECに復帰を果たすため、4種の新型タイヤを開発し、全8ラウンドのWECシーズンに臨む。

 

タイヤメーカーは、WECの規制により、シーズン中に最大3種のドライタイヤをチームに提供することが可能となっており、グッドイヤーは、7つのサーキットで12,000kmに及ぶテスト走行を実施した後、最初の2種を決定した。

 

ハイダウンフォース プロトタイプレーシングカーのLMP2クラスから、イオタ・スポーツ、ジャッキー・チェン・DCレーシング、ハイクラス・レーシングの3つのトップチームがグッドイヤータイヤを選択している。シルバーストーンは、オープンタイヤコンペティションを特徴とする唯一のWECクラスで、グッドイヤーの最新テクノロジーを公開する絶好の機会になるとしており、Aタイヤ(最も柔らかいコンパウンド)およびCタイヤ(ミディアムコンパウンド)を3つのチームに提供する。これらのタイヤは、様々なシーズンに亘って開催されるWECのサーキットにおいて、運転しやすさとぶれないハンドリングを提供できるよう設計された最新のタイヤ構造を採用している。

 

 

シルバーストーンから始まり、上海、富士と続く最初の3つのレースは温暖な気候が予想されるため、3チームと緊密な連携をとりAタイヤとCタイヤの最適化にまず注力し、その後、バーレーン(12月14日開催)またはサンパウロ(2月1日開催)において、3つ目のタイヤ導入を検討している。

 

シルバーストーンの新しいサーキット路面を考慮し、FIAは、各チームがレース中に追加のタイヤセットを使用できるように規制を緩和した。この変更により、4時間耐久レースが、ピットストップ間を全速力で駆け抜ける、フラットスプリントレースとなることが予想され、これが、グッドイヤーが積極的なタイヤ戦略を採用したもうひとつの理由であるとしている。

 

英国における夏場のレースは、ウェット性能がその鍵を握る傾向があり、グッドイヤーのLMP2クラス向けウェットタイヤは、高速で排水させるため、ショルダー部分に湾曲した溝を配置した、まったく新しいトレッドパターンを特徴とするのと同時に、大きなコーナーリング荷重下で安定性とグリップを維持するため、大きく、連続したセンターリブを採用している。このデザインは、グッドイヤーの最新ウルトラハイパフォーマンスタイヤ、Eagle F1 SuperSportからヒントを得たもの。Cタイヤ(ミディアムコンパウンド)には、Aタイヤと同じ構造を採用しており、ウェットからドライへのコンディションチェンジ時のグリップを強化している。この汎用性をもつ性能により、ピットストップ間の走行時間の最適化が見込めるとしている。

 

グッドイヤーは、可能な限り多くの異なったウェット環境下でのテストをするために、7つのサーキットでテスト走行を実施した。イギリスのシルバーストーン、ドニントン、ロッキンガムのサーキットに加えて、北アイルランドのビショップスコート、ポルティマン(ポルトガル)、モーターランド(スペイン)、セブリング(アメリカ)でもテスト走行を完了したことを報告している。

 

ハイクラス・レーシング、ジャッキー・チェン・DCレーシング、イオタ・スポーツのレーシングカーには、2006年以来初めてルマンスタイルの耐久レースでグッドイヤーのロゴが付けられている。グッドイヤーのロゴには、吉報の使者を意味するローマ神話の神 マーキュリーの「ウイングフット」が組み込まれている。この古代ローマのシンボルは、イオタ・スポーツのオレカ車に特別なカラーリングで飾られている。

 

Tagged