MONETと三豊市・琴平町、次世代モビリティサービスに関する連携協定を締結

業界ニュース

MONET Technologies株式会社(モネ・テクノロジーズ、本社:東京都港区、宮川 潤一代表取締役社長 兼 CEO、以下「MONET」)および三豊市(山下 昭史市長)、琴平町(片岡 英樹市長)は、次世代モビリティサービスに関する連携協定を、2019年8月28日に締結した。

 

MONETおよび三豊市、琴平町は、上記連携協定に基づき、モビリティサービスの高度化の検討に取り組む。まず、3者は琴平バス株式会社(以下、「琴平バス」)と連携する。琴平バスは、「瀬戸内国際芸術祭2019」の秋会期の開幕に合わせて、須田港と高松空港間を走るシャトルバス「うどん県空港バス 三豊・琴平線」を、2019年9月28日から運行する。「うどん県空港バス 三豊・琴平線」は、父母ヶ浜などの観光地や市役所、商業施設などを経由して走行し、MONETが提供するソリューションを活用して、利用者がスマートフォンやパソコンで車両の位置情報やダイヤなどを確認できるようにする。また、将来的には、病院などの乗降地点の追加や、MONETのプラットフォームを活用したオンデマンドバスの運行も検討し、観光客だけではなく、周辺の住民にも、日常生活の中で便利な交通手段として使用できるように、地域の需要に最適化したサービスの実現を目指すとしている。

 

【「次世代モビリティサービスに関する連携協定」 概要】

<目的>

地域活性化のためにIoTやAI(人工知能)など先端技術を活用した次世代運行サービスによって地域課題を解決し、誰もが安心して快適に生活できるまちづくりを推進すること

<連携事項>

  • 先端技術を活用し、観光や生活における2次交通の充実を狙いとした次世代モビリティサービスの実装に向けた検討に関すること
  • 自動運転社会を見据えた新たなサービス施策の検討に関すること
  • 3者が協議し合意したこと
  • 前各項に係わる情報発信に関すること

 

おすすめ記事

Tagged