横浜ゴム、オールシーズンウルトラワイドベースタイヤ「902L」発売

自動車関連用品

横浜ゴムは、ウルトラワイドベースタイヤ「902L(キューマルニ・エル)」を、全国のヨコハマタイヤ販売会社を通じて、2019年9月2日より販売開始する。同商品はオールシーズンタイヤで、発売サイズは455/55R22.5 164Lの1サイズ、価格はオープン価格。

ウルトラワイドベースタイヤとは、トラックに装着される複輪(2本1組)を単輪(1本)に置き換えることができる超偏平シングルタイヤのことで、単輪への置き換えにより、タイヤ組み換え・日常点検などの省メンテナンス化のメリットがあることや、1軸当たり約85kgの軽量化が可能となり、後輪2軸の大型トラックにおいては、約170kgの積載量を増加させることが可能となる利点がある。

 

今回新たに発売される「902L」は、タイヤの回転方向と平行なスチールベルト層を有する独自開発のベルト構造「SpiraLoop®(スパイラループ)」を採用しており、これにより、走行によるショルダー部の成長とベルト部の歪みを抑制させ、優れた耐偏摩耗性と耐久性を確保することができ、タイヤの長寿命化に貢献する。また、トレッドパターンでは、小ピッチブロックやスプリットクローズドサイプによりトラクション性能を高めたほか、転がり抵抗を低減するウェーブドグルーブ、排水性と操縦安定性に配慮した7本溝パターンを採用した。横浜ゴムでは、同サイズ「902L」を、すでに北米市場にて投入しており、好評を得ている。

 

横浜ゴムは、近年のトラック用タイヤのシングル化需要に合わせ、ワイドベースの商品を豊富に取り揃えており、タイヤ幅385mmのワイドベースタイヤは、日本市場のトレーラー向け商品として、リブタイヤ「RY357」やオールシーズンタイヤ「MY507A」、スタッドレスタイヤ「901ZS」を販売している。タイヤ幅400mmを超えるウルトラワイドベースタイヤは、バスサイズである275/70R22.5の後輪用タイヤのシングル化として、435/45R22.5の「TY517E」を2009年に発売した。今回は、11R22.5の後輪用タイヤのシングル化として、455/55R22.5の「902L」を、日本で初めて本格導入する。

 

横浜ゴムでは、2018年からスタートした3カ年の中期経営計画「グランドデザイン2020(GD2020)」において、タイヤ生産財事業を次の100年の収益の柱とすることを掲げ、トラック・バス用タイヤの拡販に取り組んでおり、独自技術である「SpiraLoop®」を採用した超偏平シングルタイヤを積極的に展開している。